PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

ランディングページに動画を置くとCVRが悪くなる!?

投稿日:

ランディングページに動画を置くとCVRが悪くなる!?

①や©などの環境依存文字はHTMLでは文字参照にする ―― そんなルールはもう不要!【SEO情報まとめ】[Web担当者Forum]

ランディングページに動画を設置するとコンバージョン率が上がる ―― CROに取り組んでいるウェブ担当者なら、こんな情報を見聞きしたことがあるかもしれない。

これは、果たして真実なのだろうか?

CROを専門にコンサルティングしているUnbounce(アンバウンス)が、クライアント3万5000社のランディングページを材料に大規模な調査を行った。

その結果、ほぼすべての業種で動画はコンバージョン率アップにほとんど寄与しなかったという。むしろ、教育や不動産など一部の業種ではコンバージョン率が大きく下がったそうだ。

どんな状況であっても、総じて、動画はCROには役に立たないとUnbounceは結論づけている。業種の違いだけではなく、次のような要素の間でも目立つ差異は見られなかったという:

動画のタイプの違い
コンバージョンのタイプの違い
参照元の違い
デバイスの違い
もちろん、「動画は絶対にCROへの効果がゼロ」だというわけではない。表示パフォーマンスに気を遣い、UXを阻害しないようにうまく使えば効果は出るだろう。ランディングページに動画を設置する場合は必ずA/Bテストで効果測定すべきだろう。

また、興味深い調査結果として、トラフィックチャネルによる違いがある。

動画なしのほうが総じて良い成績なのだが、オーガニック検索トラフィックに関しては、動画があってもコンバージョン率はさほど大きく下がっていなかったのだ。他のチャネルからのトラフィックと違って意図が明確であるため、動画の影響が少なかったのかもしれない。

元記事では、ここで示したもの以外にも多くのデータをグラフとともに紹介している。興味のある人は、ぜひ元記事を参照してほしい。

Unbounceの調査は、偏りが出ないように次の点に留意して実施している:

季節要因の影響を避けるため3つの期間に分けて計測(2020年後半~2021年初頭)
各期間で約3万5000件のランディングページを調査
対象は「動画なし」「埋め込み動画(YouTube)」「背景に動画を使用」の3タイプで分類
業種とコンバージョン種類で分類(「フォーム入力」「ページ上でのクリック」の2種類)
参照元ごとにも分類(検索広告、ソーシャル、オーガニック検索)
モバイルとPCで計測

SEOコンサルタントのまとめ

LPに動画を入れるとコンバージョン率が悪くなるというデータがありました。
コンテンツとして充実するし、良いと思ってましたが、
UXを阻害すると悪くなるようですね。
UXが快適になるように入れる分には悪くはならないかもしれませんね。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2022 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述