PR




[PR]ランサーズ

SEO ウェブマスターオフィスアワー

重複コンテンツと扱われやすいサイト…「重複コンテンツ」とは?

投稿日:

ウェブマスターオフィスアワー2

重複コンテンツと扱われやすいサイト…「重複コンテンツ」とは?

Googleの「ウェブマスターオフィスアワー」2019年10月2日の内容です。

質問「重複コンテンツと扱われやすいサイト」

イベントの開催元から情報を提供いただき掲載する、またはイベントの開催元が
直接掲載できる仕組みのイベントに特化したポータルサイトを運営していて
コンテンツが複製されているサイト要素が高いため価値の低いコンテンツ
とみなされてしまいますが改善としてはどのような点を考慮すればよろしいでしょうか。

Google金谷氏の回答

■Google金谷氏
Googleウェブマスターオフィスアワー
毎回のように重複コンテンツの質問を頂くのですが、恐らくこれまでご質問を頂いた中で本当に
「僕等の言う所の重複コンテンツ」で問題になっているケースはほとんど見た事が無いですね。
なので恐らくみなさんがなにか成果が出ない時に
「重複コンテンツのせいじゃないか」と思うのは仕方ないかな、という部分はあるんですけど基本的にはその事例は少ないかなと思います。
実際に「重複コンテンツ」がどういうものかご説明すると、「重複コンテンツ」はいろいろあるので、
例えばある「サイトをまるごとコピーして作ったサイト」も「重複コンテンツ」ですし、
例えば同じサイトの中で複数のURLでサーブされるようなページ。「/」「/index.html」「パラメータ」はそれぞれ別々のページですけど、それらも「重複コンテンツ」なんですけど、Googleはその中のカノニカルなページ、どれか一つのページをカノニカルだと。
3つのページが同一だと判断した時には1つのページをカノニカルで選んでそのページを中心にインデックスしています。
なので特に気にする事でもない。
ただたまにあるケースとしてはQ&Aサイトなどで色々なサイトに、ポータルなどにポスティング、シンジケートしているような場合に
「サービスA」と「サービスB」の全く同じコンテンツなんですけど、メインコンテンツは一緒なんですけどドメインもサービスも違うケースが重複コンテンツのように扱われる可能性は正直あると思います。
たいていの場合では重複コンテンツが問題になっている例というのはあまり見た事が無い思います。
その中で今回ご質問頂いたケースは、サイトを見た範囲ではわりと新しいサイトで。
2か月くらいかなと思うんですけど、なのでポータルサイトは「イベント情報」が載っているんです。
そのイベント情報自体は他のサイトでも配信されているので「重複コンテンツとして扱われているんじゃないか」と言っているんだと思うんですけど、まず確認した範囲ではそういったかたちで何か低評価になっているというかというと、そういうことはないと。
ただ単にまず「新しいサイトあること」と、新しいサイトでいきなり評価が高いという事は普通ないと思います。
評価についてはこれから運用して高めていくべき段階なのかなと思います。
「重複コンテンツ」ではないので気にしないで運営して頂ければと思いますし、ただイベント情報がメインでしたので、サイトとしての固有の価値を凄く考えたほうがいいかなと。
個人的なアドバイスですが。。
個別のイベントの情報を上位に表示されたいと思うんですが、それを目標にするのはいいと思うんですが、
それを手段にしてはいけない。それを高めるためにはどうすればいいのか。
サイトの情報自体は固有の独自の情報ではないので、そこのサイトに来る理由を作ってあげて例えば世界中の情報が網羅されている
とか、独自の切り口、コメントみたいなもので来る理由を作ってあげて魅力としてユーザーが集まってくる、みたいな事を目標にすると、個別のページも上位に来るんではないかと思いますので、まずなぜそのサイトが存在するのか。
どんな価値があってどんな情報を提供していて。Googleが繋げることにどんな意味があるのか、を考えて頂けるといいサイtになっていくんじゃないかと思います。

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2019 年 11 月 06 日)

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2019 年 11 月 06 日)

SEOコンサルタントの感想

本当に「重複コンテンツ」を疑う人は多いですよね。
しかしきちんとした引用が重複コンテンツにはなる訳がありません。
ただ、引用の多いコンテンツは独自の要素が少ないので、評価が上がらないのです。
このサイトも引用中心のサイトなので、独自性は少ないとは感じています。
ただ世界のSEO情報を集めて、そういうサイトの中で一番の価値が出ればこのようなサイトも上位に出る、という事ですね。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.