PR




[PR]ランサーズ

SEO

Googleへのガイドライン違反についての質問

投稿日:

JohnMueller

Googleとブレイキングガイドラインで2つの問題が解決しない

Googleとブレイキングガイドラインで2つの問題が解決しない

【Google翻訳】
Googleとブレイキングガイドラインで2つの問題が解決しない

グーグルのジョン・ミューラーは時々、古い言い方で誰かに反応しなければなりません。2つの間違いは正しいことではありません。 多くの人が彼に尋ねますが、私の競合他社はXを実行していますが、これはGoogleのガイドラインに反しています。 競合他社のランキングは良好ですが、それもできますか?

誰かが間違っていることをしているのを見るのは難しいです、それが人間の性質です。 あなたの友人が自分のテストで不正行為をして、捕まえられないからといって、それをするべきであり、捕まらないという意味ではありません。

これらの最近の質問に対するジョンの回答は次のとおりです。

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
「こんにちは@ JohnMu、Googleフォーラムの誰も私の質問に答えませんでした。 手伝って頂けますか?
競合他社がグーグルのガイドラインに照らしてレビューの豊富な結果を得るのだろうか? 宿泊施設のページを構造化データでどのように充実させたいか疑問です。 あなたは何をするべきか?」

『「他の人がガイドラインに違反しているのですが、私もできますか?」という質問はありますか? スパムレポートフォームを使用することはできますが、それらから何かを望む場合は意図的にガイドラインを破ることは悪い長期戦略のように思えます...』

ガイドラインに違反し、ペナルティを課せられる可能性がある場合は、それを確認してください。 そうでなければ、多分それを安全にプレイします。

SEOコンサルタントのまとめ

ガイドラインに違反について、明らかなガイドライン違反はGoogleに報告すれば良いですし、逆にグレーゾンが通用するのか?
という事についてはGoogle社員は答えられないと思います。。。
グレーグレーゾーンが通用じている現実も多々あります。

▼まずは新しいガイドラインを確認してください。↓
2019年9月5日更新のGoogle検索品質評価者ガイドライン【比較まとめ】
▼他社がGoogleのガイドライン違反をしている!という記事
競合・誹謗中傷サイトがGoogleのガイドライン違反なら対応可能!(順位を下げた事例)

▼逆に言えばライバルや誹謗中傷サイトがガイドライン違反を行っていた場合、対処はできるという事です。

 

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.