PR




[PR]ランサーズ

SEO

GoogleとWordPressのRobots.txtの処理が見られる

投稿日:

3-5

GoogleとWordPressのRobots.txtの処理が見られる

GoogleとWordPressのRobots.txtの処理が見られる

【Google翻訳】
GoogleとWordPressのRobots.txtの処理が見られる

Google Webmaster Conferenceの重要な点の1つは、Googleがrobots.txtファイルにアクセスしようとしても到達できないが存在する場合、Googleはサイトをクロールしないということです。 Googleは、GoogleBotがrobots.txtファイルにアクセスできない時間の約26%を言いました。 WordPressは、このエラー率を減らすために変更を加える場合があります。

これに関する多くのツイートの1つを次に示します。

「マジ? googlebotの4回に1回はサイトのrobots.txtにアクセスできませんか? 🤯その後、サイト全体をクロールしません!! #gwcps」

■Google Gary Illyes(ゲイリー・イリーシュ)氏(@methode)
「関連する質問をすることができます:robots.txtにアクセスできないサイトの場合、これらのWordPressサイトのサブセットですか? おそらく通常予想されるよりも大きいサブセットですか?
WordPressがrobots.txtファイルを生成する方法について、より安全にする必要があるかどうかを把握しようとしています。」

『WPは通常、ネットワークafaikを制御しないので問題ありません。robotstxtが5xxで戻ってきた場合、誰かが本当に悪い何かを誤って設定したに違いありません。 とはいえ、分析を実行してから、確実に言うことができます』

「WPがrobots.txtを生成しないため、サーバーエラーが発生する可能性があるためです。 それが平均以上のエラーにつながる場合、静的なエラーのみを持つようにWPを変更できます。」

『とった。 私は見てみましょう』

GoogleとYoast(WordPressに非常に関係しています)間のこのダイアログが大好きです。

Twitterでのフォーラムディスカッション。

更新:私はゲイリーを再び動揺させました、そして記録のために、最新のインテルはGoogleが到達できないrobots.txtのパーセンテージでした。

■Google Gary Illyes(ゲイリー・イリーシュ)氏(@methode)
「最新のインテル?! 到達不能なrobotstxtが悪いと言ってきました。 ジョンと私は、2011年にまさにそのためのメッセージテンプレートを作成しました🤦‍♀️」

「ええ、私は長い間知っています。 統計は興味深いものでしたが、数字がそれほど高いと聞いたことはありません。」

SEOコンサルタントのまとめ

同様の話題はこちらにも。

「Google Webmaster Conference製品サミット」ツイートまとめ

「Google Webmaster Conference Product Summit-GooglePlex」というカンファレンスのツイートまとめ記事です。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.