PR




[PR]ランサーズ

SEO

JavaScriptでSEOに失敗したサイトの事例

投稿日:

JavaScriptでSEOに失敗したサイトの事例

JavaScriptのせいでSEOに大失敗したサイトの事例

サイトでJavaScriptを積極的に使うようにリニューアルしたことが原因で検索エンジンに正しくインデックスされなくなってしまったサイトの失敗事例を、元グーグル社員のペドロ・ディアス氏がツイッターに投稿した。

JavaScriptフレームワークを使ってブラウザ側でコンテンツをレンダリングするようにサイトを変更したところ、検索トラフィックが激減してしまったのだそうだ。

原因は、GooglebotがJavaScriptを正常にレンダリングできず、コンテンツを取得できなかったためと思われる(たとえば、サイト全体が、メインコンテンツのない真っ白のページばかりになるようなケース)。

教訓として得られるのは、JavaScript に依存してメインコンテンツを生成するサイトでは、事前の検証が必須だということだ。

【Google翻訳】
これはペナルティではありません。
これは、クライアント側のレンダリングされたJSフレームワークに移行したWebサイトです。 JSレンダリングをオンにしても、ほとんどのツールは100を超えるURLをクロールできません。
移行を計画し、テストしてください!

SEOコンサルタントのまとめ

HTMLでなくと特殊な表示のさせ方をしている場合は。レンダリングの確認をしたほうが良いですね。

[広告]おすすめ記事

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.