PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Googleの警告「都市のランディングページは出入口ページでありガイドラインに反する可能性がある」

投稿日:

王道はコンテンツSEO

Googleの警告「都市のランディングページは出入口ページでありガイドラインに反する可能性がある」

Googleの警告:都市のランディングページは出入口ページであり、ガイドラインに反する可能性がある

【Google翻訳】
Googleの警告:都市のランディングページは出入口ページであり、ガイドラインに反する可能性がある

Googleのジョンミューラーは、キーワードフレーズ+都市名でランク付けしようとする戦略で、先に進んで1,300の都市ベースのランディングページを構築しないように1つのSEOに警告する必要がありました。 彼はそれが出入り口のページであり、Googleのガイドラインに反すると述べた。

これらのツイートは次のとおりです。

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
それは戸口ページのように聞こえますが、私が推奨するものではありません。

現在、これは新しいものではありません。 まず、Googleのヘルプドキュメントでは、誘導ページを次のように定義しています。

出入り口とは、特定の検索クエリのランキングを高くするために作成されたサイトまたはページです。 これらは、ユーザーの検索結果に複数の同様のページが表示される可能性があり、各結果がユーザーを本質的に同じ目的地に誘導するため、ユーザーにとっては好ましくありません。 また、最終的な目的地ほど有用ではない中間ページにユーザーを導くこともできます。
Googleが提供する1つの例は、「明確に定義された、閲覧可能な階層よりも検索結果に近い実質的に類似したページ」です。

2008年以来、Googleは都市/州のランディングページは誘導ページであると述べ、2015年に2回強化しました。

SEOコンサルタントのまとめ

色々な年ごとのランディングページを作るのは良くないという事??

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述