PR




[PR]ランサーズ

SEO

【その2】SEOカンファレンス「Pubcon」のレポートまとめ(サクラサクLABOさんのツイート)

投稿日:

SEOカンファレンス「Pubcon」のレポートまとめ(サクラサクLABOさんのツイート)

世界最大のSEOカンファレンス「Pubcon」レポートをしているサクラサクLABOさん(サクラサクマーケティングさん)のツイートをまとめたその2です。

「Pubcon」とは?

世界最大のSEOカンファレンス「Pubcon」 - MarkeZine(マーケジン)

イベント名:Pubcon in Las Vegas
開催時期:例年10?11月頃
場所:Las Vegas Convention Center, South Hal
概要:世界最大規模のSEOをテーマとしたカンファレンス。セッション内容はSEOだけでなく、SEMからソーシャルまで、多岐にわたる
レベル:初心者から上級者まで、様々なセッションが用意されている
URL:https://www.pubcon.com/las-vegas-2017
主催:Pubcon Inc.

サクラサクLABOさんのツイート

サクラサクLABO

[PR]SEOコンサルティングサービス - サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。

SEO最前線-PUBCON LASVEGAS2019(パブコンラスベガス2019)
https://ameblo.jp/masa-corleone/entry-12534539776.html

SEOコンサルタントのまとめ


【感想まとめ】※ほぼサクラサクLABOさんの引用
●ペンギンアップデートはバックグラウンドで自動的に動いていて今後発表予定はない。
▼コアアルゴリズムに組み込まれていますよね。

●EATやYMYLの独立したアルゴリズムがあるわけでは無い

●著者情報はサイトをまたいで認識しているらしい

●EATの向上による検索順位への影響は、「YMYL」以外は直接影響するわけではない。ただしEATの向上が質のいいリンクの獲得につながる可能性はある
▼YMYLには直接影響するという事ですかね?そしてその他でも間接的に影響します。つまりEATは向上すべき。

●タイトルの自動変更はGoogleは「読みにくい」と判断した時に起こる
▼勝手に判断しちゃうんだね。。

●PDFはテキスト情報として扱う
▼PDFに書かれたテキストも認識されるということかな?

●医療系サイトが最近のアルゴリズムアップデートでターゲットになったかは不明
▼「特別には」ターゲットにしてないが当然含まれてるでしょうね。。

●アクセシビリティはランキング要因ではない
▼しかし向上するにこしたことはない。

●「コンテンツの正確性」はYMYLにおいてはランキング要因となる
▼「EAT」ですからね。。

●CTRはランキング要因では無い
▼言わずもがな、SEOの延長にあるのがCTRですからいずれにしてもCTR向上を目指すわけで。。

●Googleは文字数や使っているワード数を見ていない
▼独自性があり良いコンテンツなら文字数少なくても上位表示されます。逆に言えばしれを補うためにいろいろ追加するわけです。

●Wikipediaへの発リンクの検索順位への影響について。「YMYL」など専門性が高いテーマの場合は、ソース元を記載した方が良い
▼質の高いサイトへの発リンクはサイトの価値をむしろ高めます。EATも。

●多すぎる広告はランキング要因になる
▼アフィリエイトサイト注意!

●ドメイン内のキーワードは多少役に立つ
▼多少、ね。。

●古いコンテンツは⇒更新すべきものとそうでないものがある。(例:恐竜についてのコンテンツを更新する必要はない。)
▼例の通り、日記など「古い時の情報」のほうは価値があるものもあります。

●ドメインが若い事が下落のシグナルに事は無い。古いドメインを買ってもそのテーマが全く別の場合は、下落シグナルになる可能性がある。ドメイン購入はお勧めできない。
▼「オールドドメインは都市伝説」です。新しいドメイン買った方が良いです。

●UXはランキングには直接は関係しないと言っているがランキング要素っぽい。

●UXの向上…ユーザーの求めているものを訴求し嘘はつかない。

●ナビゲーションの向上…ユーザーを迷わせない。選択肢を減らす。

●コンテンツはキーワードでなく、ユーザーを助けることを目的にすべき

●リンク切れは最もユーザーを不快にする

●ページスピードは47%が2秒で読み込まれることを期待している

●脳に運ばれる情報の90%はビジュアルで、テキストの80%は読まれない。

●検索結果の多様性の結果、「オーガニック検索結果」はもはや1部となった

●今後はSERPマーケティングを考えるべき

●音声検索に取り組んでいる人が少ない

●SERP上の画像が増加傾向

●nofollowがヒントになるが、Googleがサイトのことを理解するために活用する。
▼リンク
Google「新しいリンク属性はWeb上のリンクをよりよく理解できるようにするためだけ」
●リンク否認は間違った使い方をすればマイナスの方向に行くこともある
▼リンク
Google「コアアップデートは悪いリンクに関するものではありません」
●GSCについて、手動ペナルティの場合は必要十分のリンク情報として考えてほしい
▼リンク
Google「心配する必要があるのはGoogle Search Consoleのリンクツールで報告されたリンクだけ」

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.