PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

Google 翻訳を使用してコンテンツを自動生成しますか?

投稿日:

JohnMueller

Google 翻訳を使用してコンテンツを自動生成しますか?

【Google翻訳】
Google の John Mueller が、Google 翻訳を使用してさまざまな言語でコンテンツを作成するというアイデアについてコメント

Google の Mueller は、Google 翻訳を使用して別の言語でコンテンツを作成することについて質問されました。 彼は、品質に問題がある可能性があることを示唆し、スパムに関するものとして問題を再構成するために回答を拡大しました。

Google 翻訳で作成されたコンテンツは重複していると見なされますか?

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
最初に質問した人は、英語のサイトをドイツ語に変換したいと言い、重複したコンテンツに関連して問題が発生するかどうかを尋ねました。

最初の質問:

「…私は英語のウェブサイトを持っています。 というわけで、ドイツ語のサイトを作りたいと思っています。 重複コンテンツの問題について質問させてください。

だから私はドイツ語のコンテンツを持っています。 次に、Google 翻訳などの翻訳者を使用して翻訳するとします。 では、Google はそれが重複していると教えてくれますか?」

ミューラーは次のように答えました。

"番号。 翻訳されたコンテンツであれば、重複コンテンツではありません。」

彼は次に、英語のコンテンツからドイツ語のコンテンツを作成するために Google 翻訳を使用する問題に取り組みました。

ジョン・ミューラー:

「でも、それは別の問題だと思います。

したがって、一般的に、翻訳されたコンテンツは独自のコンテンツです。 違う言葉、違うページの文字なので、内容も違います。

翻訳の仕方にもよりますが、それはより質の問題になります。

したがって、自動翻訳ツールを使用していて、ウェブサイト全体を別の言語に自動的に翻訳すると、翻訳があまり良くないことが多いため、おそらく品質の低いウェブサイトと見なされます。

しかし、翻訳ツールを使って、その言語を知っている翻訳者と一緒にそれを作り直し、そのコンテンツのより良いバージョンを作成するなら、それはまったく問題ありません。」

Google 翻訳のコンテンツは手動アクションにつながる可能性がある

興味深いのは、ミューラーがコンテンツの自動生成の観点からアイデアをどのように再構成したかです。

Mueller は、これを「質の高いコンテンツ」というややあいまいな概念以上のものに変え、今や大きなスパム ルールの 1 つである自動生成されたコンテンツの公開を禁止することに違反することになっています。

これは、明らかにスパムについての会話です。
ジョン・ミューラーは答えを続けた:

「そして、時間が経つにつれて、翻訳ツールは改善され、少しはうまくいくと思います。 しかし、少なくとも現時点では、品質の観点から、それを自動的に翻訳するだけでは問題が発生します。

さらに一歩進んで、それが大規模に行われる場合、ウェブスパムチームが介入して、これは自動的に生成されたコンテンツであり、インデックスを作成したくないと言うかもしれません。」

質問した人は、翻訳をして、フリーランサーに内容をやり直してもらうことを提案しました。

ミューラー氏は、コンテンツの質について議論することで答えた.

彼は答えました:

「それは良いスタートだと思います。 しかし、品質面を考慮しなければならないと思います。

自分の言語でどのようなコンテンツを期待するかのように。

たとえば、自分の言語で検索していて、ページを見つけてそれを読んだら、次のようになります。」

この時点で、ミューラーは頭を振って、低品質のコンテンツに対するユーザーの反応を視覚化しました。

質の悪いコンテンツへの対応を示すグーグルのジョン・ミューラー

ミューラーは続けた:

「誰が書いたのかわからない。 これはあまり意味がありません。 だったらそのページを信用しないでしょ?

本質的には同じことです。 あなたはドイツのユーザー向けのコンテンツを作成していて、ユーザーがそれを見て、「これはあまり意味がないなら、他の場所に行くだろう」と言うでしょう。

コンテンツを自動生成するための Google 翻訳は、手動での対応になる可能性があります

ジョン ミューラーは、さまざまな言語でコンテンツを作成するために Google 翻訳を使用することを勧めていません。

Google 翻訳は、ページの意味を伝えるのに最適ですが、完全な翻訳ではなく、本当にぎこちなく読めます。

コンテンツの作成に Google 翻訳を使用することは、コンテンツの品質の問題だけのために良い考えではないことは容易に理解できます。

John Mueller は、Google 翻訳を大規模に使用すると、自動生成されたコンテンツに対して手動で対応することになる可能性があることを示唆することで、さらに一歩進んだ答えを導き出しました。

English Google SEO office-hours from May 28, 2021

SEOコンサルタントのまとめ

■Google ジョン・ミューラー氏
質問:英語のサイトをドイツ語のサイトで作ったら重複コンテンツになりますか?
回答:翻訳されたコンテンツであれば、重複コンテンツではありません。

■Google ジョン・ミューラー氏
一般的に、翻訳されたコンテンツは独自のコンテンツです。 違う言葉、違うページの文字なので、内容も違います。
問題は「質」です。自動翻訳ツールを使用してウェブサイト全体を別の言語に自動的に翻訳すると、翻訳があまり良くないことが多いため、おそらく品質の低いウェブサイトと見なされます。

▼私のこのサイトがまさしく「翻訳されたコンテンツ」なのですが、英語の記事を日本語に訳しているので「重複コンテンツ」にはあたらないようです、ただ、Google翻訳の性能がまだ良くなくてへんな日本語になるので「質の低いコンテンツ」になる可能性があります。

■Google ジョン・ミューラー氏
誰が書いたのかわからない。 これはあまり意味がありません。 だったらそのページを信用しないでしょ?

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述