PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Google「1位表示の記事と同じ文字数で記事を書いても1位にはなれない」

投稿日:

売上が悪いと・・

Google「1位表示の記事と同じ文字数で記事を書いても1位にはなれない」

上位表示ページと同じ文字数で記事を書いても上位表示はできない

Webプッシュ通知、人気サイト以外では9割が拒否反応という無惨な統計データ【SEO情報まとめ】[Web担当者Forum]

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)

『1位表示の記事と同じ文字数で記事を書いても、1位にはなれない。
USB充電器を大量につなげても月に行けないのと同じだ――それでもUSB充電器を買い足してみようと思ってしまいがちなのは確かだが。』

文字数で検索ランキングは決まらない。「上位表示ページは○○文字以上」というようなランキングの相関関係調査をよく目にするが、あくまでも相関関係に過ぎない。対象としたクエリに対して、有益なコンテンツを作るにはそのくらいの文字数が単に必要なだけだったのかもしれない。

SEOコンサルタントのまとめ

SEOコンサルタント白石(パンダ)
SEOコンサルタント白石(パンダ)
単語数(文字数)はランキング要因ではありません。
あくまでも文字数ではなくその文章の中にどれだけ有益な情報が含まれているか?です。
長文だとその可能性が高くなるから長文記事が上位に来ているだけです。
ピンポイントで凄い情報があれば短文でも1位になれます。
Google「単語数(文字数)はランキング要因ではない」
Googleのジョンミューラーは、「単語数はランキング要因ではありません。トラブルを回避してください。」と答えています。
Google「長文なら順位が上がるなんて事は無い」…しかし長文SEOは必要
■Googleゲイリー・イリェーシュ氏 『知っていましたか?コンテンツが短くても順位は上げられます。 「とにかく長文なら順位が上がる」なんてことは、ありません』
検索上位に来る長文ページのSEOについて個人的解説
簡単に言えば「長文=SEO」ではないと思います。 長文、テキストを多く書けば検索で上位になるというのではなく、 ・情報の網羅性 ・ユーザーの検索意図 があるコンテンツだと思います。 ですが、そこをピンポイントに探ることは難しいです。 ですから、 ▼とにかくテーマ(SEOで狙ったキーワード)について沢山文章を書く ↓ ▼「関連キーワード」「ユーザーの検索意図を汲んだ文章」「様々な情報を網羅した文章」などが、沢山書いたテキストの中に含まれる可能性が上がる ↓ ▼上記があればGoogleの評価が上がる ↓ ▼SEOとなり検索結果の順位が上がる となるからだと思います。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述