PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

429と503のHTTPステータスコードはいずれインデックスから削除される

投稿日:

429と503のHTTPステータスコードはいずれインデックスから削除される

サイトが長い間503や429のHTTPステータスコードを返すとインデックス削除につながる

Webプッシュ通知、人気サイト以外では9割が拒否反応という無惨な統計データ【SEO情報まとめ】[Web担当者Forum]

■Google Gary Illyes(ゲイリー・イリーシュ)氏(@methode)

『面白い事実: 429と503のHTTPステータスコードはクロール頻度を下げる。しかし、長期間にわたってそうしたステータスコードを返し続けると、いずれインデックスから削除されてしまうだろう。』

HTTPステータスコードとは、サイト訪問者(ブラウザやクローラー)にWebサーバーが返す応答の番号だ。代表的なHTTPステータスコードとしては、たとえば次のようなものがある。

●200 ―― OK
●301 ―― 別の場所に(永久に)移りました
●302 ―― 別の場所に(一時的に)移りました
●403 ―― アクセス禁止
●404 ―― みつかりません
今回、イリェーシュ氏が言及している「429」と「503」のコードは、次のような意味のものだ。

●429 ―― あなたは短期間で大量にアクセスしすぎです
●503 ―― サーバー側の都合でアクセスに応えられません

429は“Too Many Requests”を意味するとのことで、一定期間に一定回数以上アクセスした相手に、サーバーが応答の継続を拒否する目的で使われるようだ(503と同様に、Retry-Afterヘッダーで再リクエストまでの待機時間を指定できる)。503とは異なりサーバーに問題があるわけではなく、「60秒に100アクセスまで」のように限定する用途を想定している(「Rate Limiting」と呼ばれる)。

503にしても429にしても、その時点でGooglebotが一時的にアクセスできないだけの状態で、インデックスには変更は加えられない。ただしクロール頻度は減る。しばらくしたのち、再びクロールを試みて問題がなければ、クロール頻度は元に戻るだろう。

ところが、一時的ではなく1週間も2週間も429や503が返ってきてアクセス不可能な状態が続くと、最終的にはインデックスから消えてしまうことがある。いつまでたっても復帰しないページを検索結果に出しておくとユーザー体験を損ねるからだ。

SEOコンサルタントのまとめ

「503」か~なんと思っているとたいへん!

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述