PR




[PR]ランサーズ

SEO

SEOキーワードカニバリゼーションの問題1…「SEOのカニバライゼーションとは?」

投稿日:2019年6月17日 更新日:

SEO漫画3話-016

【SEO】SEOキーワードカニバリゼーションの問題1…「SEOのカニバライゼーションとは?」

SEOキーワードカニバリゼーションの問題について前編です。

あなたが思うよりも深刻なSEOキーワードカニバリゼーションの問題を考え直そう(前編)

あなたが思うよりも深刻なSEOキーワードカニバリゼーションの問題を考え直そう(前編)[Web担当者Forum]

SEOにおける「カニバライゼーション(共食い)」とは?
→ 複数のページが、同じ(あるいは非常に似通った)キーワードやキーワード群をめぐって競合している問題のこと

サイトでカニバリゼーションが発生していると、どんな問題が発生するのだろうか?
複数のページで同じキーワードや類似のキーワードをターゲットにしていると、検索エンジンから見て「混乱」が生じ、どのキーワードに対してどのページを表示すればいいかわからなくなってしまう。

具体的な例を挙げながら解説しよう。
僕があるEコマースサイトを運営しているとする。オンラインで靴を販売している「Distilled Shoes」という架空のサイトだ(「Distilled」は筆者が所属する会社の社名)。
そのサイトでは、「ankle boots」(アンクルブーツ)というキーワードを狙って、次の専用カテゴリページを作成した。

●ページ: カテゴリページ
内容: 商品一覧
URL: /boots/ankle-boots/
ECサイトだが記事コンテンツも重要だ。そこで僕は、しばらくしてから2本のブログ記事を作成することにした。どちらもキーワード調査に基づき、アンクルブーツに関連するトピックについて書いた。記事の1本はアンクルブーツの履き方、もう1本は2019年に流行りのアンクルブーツの履き方トップ10を紹介したものだ。

●ページ: ブログ記事①
内容: アンクルブーツの履き方
URL: /blog/how-to-clean-leather-boots/

●ページ: ブログ記事②
内容: 流行っているアンクルブーツの履き方トップ10
URL: /blog/boots-cleaning-guide-2019

最初はEコマースのカテゴリページが表示されていたいくつかのキーワードで、一部のブログページが検索上位に表示されているのに気づく。
ここであなたに質問だ。この状況は、僕のウェブサイトにとって良いことだろうか、それとも悪いことだろうか?
さあ、それでは答えを発表しよう。答えは……個々の状況と、正確なキーワードと、特定のキーワードで検索しているユーザーの意図によって異なる。

メタデータ

①メタデータ
複数のページで、メタデータ(主にtitle要素や見出し)が同じキーワードや非常に似通ったキーワードをターゲットにしている場合に、カニバリゼーションが起きがちだ。この場合はメタデータだけを調整すればいいので、あまり手間をかけずに修正できる。

この種のキーワードカニバリゼーションは、上の例のように具体的なキーワードをターゲットにしているカテゴリ(またはサブカテゴリ)ページを多く含むEコマースサイトで起こりやすい。理想をいえば、ブーツ全体に関連するキーワードをターゲットにした包括的なブーツのページを用意したい。一方、それ以外の2ページでは、各ページで販売している特定の種類のブーツ(アンクルブーツとチェルシーブーツ)に焦点を当てる必要がある。

▼【titleの修正】
「女性用ブーツ - アンクルブーツとチェルシーブーツ」

「女性用ブーツ - 冬のブーツ全種類」
「女性用アンクルブーツ」

「女性用アンクルブーツ」「女性用チェルシーブーツ」

「女性用チェルシーブーツ」

▼【H1の修正】
「女性用アンクルブーツとチェルシーブーツ」

「女性用冬のブーツ」

「アンクルブーツ」

「アンクルブーツ」

「チェルシーブーツ」

「チェルシーブーツ」

▼「アンクルブーツ」についてのキーワードを「アンクルブーツ」カテゴリにまとめた感じ。
よくある事ですが、「アンクルブーツ」を売りたすぎてサイト全体において「アンクルブーツ」事をかいてしまっている。
それを「アンクルブーツの事は「アンクルブーツ」カテゴリに」としたわけです。

ページコンテンツ

②ページコンテンツ
同じサイトの複数のページで、非常に似通ったトピックを本文で取り上げることもあるだろう。こうした場合、ページコンテンツレベルでカニバリゼーションが起こる。

/blog/how-to-clean-leather-boots/ 革のブーツが長持ちする手入れの仕方を提案する
/blog/boots-cleaning-guide-2019/ さまざまな種類のブーツを手入れする方法について、個別対応のガイドを掲載する

この種のキーワードカニバリゼーションは通常、相当量のテキストを含む記事ページやトランザクションページで起こる。

これら2本のブログ記事は、どちらもかなり似通った検索意図に応えようとするものではある。しかし、このタスクに取り組む場合には、次のことを自問してほしい。

『検索エンジンから見ると、どれほど違うだろうか?』

僕が推奨するのは、新しいページの作成に時間やリソースを投じる前に、既存のコンテンツを見直してみることだ。

SEOコンサルタントのまとめ

▼まずは「検索意図」について確認。関連記事です。

【SEO】検索上位に来る長文ページのSEOについて個人的解説
▼検索ユーザーのエンゲージメントと満足度
▼検索結果の他のコンテンツと比較した時の多様性と独自性
▼コンテンツの質
▼包括性
【SEO】ユーザーの検索意図を狙うSEOの解説(住太陽氏)
マーケターが知るべき4つの瞬間
1.知りたい(Knowクエリ)
2.行きたい(Goクエリ)
3.やってみたい(Doクエリ)
4.買いたい(Buyクエリ)
【SEO】「駅名+観光」の結果が検索意図とずれている!一部企業が上位を独占!
当然Google検索が完璧だとは思っていませんし、
Google検索は常に改善を、完璧と申しますが皆さんの求めている情報にたどり着けるように目指して作っています。
そして常に改善を行っています。

▼次に考えたいのは「カテゴリ」の問題。
場合によってはカテゴリを削除したり整理することが必要です。

WordPressページがGoogle検索で圏外になった時の対処方法(体験談)
【対処8】
「カテゴリーをnoindexにする:」⇒チェックを入れました
▼参考になる記事
本当に必要?SEOに効くカテゴリと順位の関係[SEO対策の森]

記事を何かのカテゴリに置くか独立させるかで記事の順位がかなり変わる事がある。

順位が微妙な場合は独立させるか、
カテゴリトップそのものを削除してFetchしてしばらく様子見るテストをしても良い。

最近、カテゴリを全て削除した(=トップ配下を全て個別記事にした)サイトの順位が急浮上した。

なぜカテゴリトップページを削除すると検索順位が上がったか?
ターゲットにしていた検索KWと重複していたからです。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述