PR




【広告】おすすめのSEO会社

ウェブマスターオフィスアワー

カニバリゼーションとは何ですか?

投稿日:

ウェブマスターオフィスアワー2

カニバリゼーションとは何ですか?

Googleの「ウェブマスターオフィスアワー」2020年2月27日の内容です。

質問「カニバリゼーションとは何ですか?」

カニバリゼーションとは何ですか?
最近よく聞くのですが、Googleでは対処法などあるのでしょうか?
マーケティング用語では共食いという意味です。
検索エンジンでは、複数の重複するキーワードが、ランキングを食い合うという様に使っているようです。
一部の方は、全体品質を上げる為、流入が無かったりテーマが複数ある場合は絞るために記事を削除しているようです。
(低品質の削除では無い)
このような、根拠の無い情報や対策は信頼できるのでしょうか?

Google金谷氏の回答


■Google金谷氏

「カニバリゼーション」ではGoogle側よりWebマスター側で起きる現象のそうに思います。
僕の理解では、何かのキーワードでAのページを上位表示させたいけどBのページが上位表示してしまって、
Bに人が行かずコンバージョンが得られない、というような。
こういった状況を「カニバリゼーションが起きているのでどうしようか」
という感じの使い方をしていると思うんですけども、それだけではなくて色々な解釈をされている方がいて
コンテンツを削除したりとか、色々な試行錯誤が見られるなと思います。
実際の定義はわからないのですが
「Aのページを上位表示させたいけどBのページが上位表示してしまって、」
という場合に、(僕ら)Googleに「こちらがメインですよ」と伝える方法は無いです。
キーワードに対して「こちらを上位にしてください」と伝える手段は無いんですけど、
基本的にはページの構成であったりメタタグ…(メタタグと言うとメタタグがランキングに関係あるのかという解釈をされる方がいるかもしれませんが)Googleにページが持っている情報を適切に伝える。
例えばページAをページBが確実に違うものをテーマにしているのであれば、
Googleに伝わるような書き方をしていれば実際にページAが上がってくるのではないか。
もしそれでもページBが上位に来てしまうのであれば、考えるべきは
ページBにコンバージョンを発生させる要素を載せる、みたいなほうがいいと思いますし
それでもページAのほうがユーザーの動線的に良いという感じであればページBをページAとマージする。
というのもひとつのアイデアかなと思います。
よくある質問が、
「カニバリゼーションが起こりがちなのでひとつのテーマで沢山のページを作るのが良いか
一つのページを作るのが良いかどっちが良いですか?」
と聞かれることが多いのですが
正直「ケースバイケース」としか言いようが無いなと。
勿論何かの傾向を統計的に取れば、一つにしたページのほうが上位に行きやすいとか、下位に行きやすいとか、
そういった傾向が何かつかめるかもしれませんけど、それはあくまでも現時点でのアルゴリズムでの現象であって
それがGoogleの狙っている事でもないので。
そういったとくり方をした場合、Googleが傾向を変えた時に一気にそういったサイトが上位から消えてしまうので。
単純に、どこのページからコンバージョンが発生してもいいようにする、ですとか、
Googleの検索を意識するだけではなくて実際にユーザーが来た時に複数のコンテンツがあるほうが良いと思うのでしたら
そういったページの構成にすれば良いと思いますし、1万文字の長いページが良いと思うのでしたらそれを作れば良いと思いますし。戦略とかの問題にもなってきますので僕等が言う事ではないかと。

なので簡単に「ページAを上位にしてください」ということはできないです。
ただそこから先は皆さんの戦略になるので実際にユーザーの挙動などを見ながらコンバージョンが発生するように配置すれば良いのかなと思います。

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2020 年 02 月 27 日)

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2020 年 02 月 27 日)

SEOコンサルタントの感想

【まとめ】
▼Googleにメインにしたいページを伝える方法は無い
▼ページを多数作る方が良いか?1つの長いページが良いか?⇒「ケースバイケース」
▼上位に表示されたページでコンバージョンが高く発生するようにする
SEOコンサルタント白石(パンダ)
SEOコンサルタント白石(パンダ)
基本的に「同じものを違うページで何度も書く」ことと「テーマの中で細分化する」のは違うことであり、
それが理解できているのであれば良いと思います。
そしてそれをGoogleに適切に伝えるよう設定する。
あとは「高品質のページにするためにはどうしたら良いか?」
という所がポイントだと思います。
同じような内容が複数ページある場合、まとめてしまうのも一つの施策ですね。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述