PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO ウェブマスターオフィスアワー

監修者のページは有料リンクになり得るのか?

投稿日:

ウェブマスターオフィスアワー2

監修者のページは有料リンクになり得るのか?

Googleの「ウェブマスターオフィスアワー」2020年1月30日の内容です。

質問「監修者のページは有料リンクになり得るのか」

YMYLやE-A-Tという言葉が聞かれるようになって結構たちますが、
その対策の一環?としてなのか、最近様々なウェブサイトで「監修者」が増えているように思います。

そこで質問です。監修者をつけることは問題ないと思いますが、監修者
ホームページからnofollowをつけずにリンクを設置している場合は、「有料リンク」に該当するように思えるのですがいかがでしょうか。

Google金谷氏の回答

■Google金谷氏
ウェブマスターオフィスアワー2
これは今後ちょっと問題になるような質問ですね。
例えば医療系のコンテンツの中でお医者さんに監修して貰って、お医者さんがご自身のサイトから
「このサイトのこのコンテンツを監修しました」
というリンクをお知らせの所に載せていたんですね。
でそのリンクは「有料リンク」に該当するんじゃないかという。
少なくとも自然発生じゃないんじゃないかと言うニュアンスのご質問かなと思うんですけど。

ポイントとしては
「このリンクの設置が順位を上げる意図があったのか」
というのが非常に問われる所だなと。
リンクの貼り方であったり、そういった形の順位を操作する意図が見られた場合に
手動対策チームが「有料リンク」と判断する可能性があると思います。

ただ基本的には、専門性が必要なコンテンツに監修することは素晴らしい事ですし、
監修した方は「私が監修しました」と公開する事自体全く問題ないことだと思います。
もちろんnofollowをつけて頂いてリンクして頂ければ問題ないんですけど、
今僕らのスタンスとしてはnofollowを使うというより、
リンクってインターネットの良い機能でページとページの関係性を示す重要なものであるので
監修した方が監修したページを紹介すす事は「nofollowを付けるべき事では無い」かなと思います。

ただ、それを順位を上げる事を意図してやるのであれば適切ではないなと思います。

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2020 年 01 月 30 日)

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2020 年 01 月 30 日)

SEOコンサルタントの感想

SEOコンサルタント白石(パンダ)
SEOコンサルタント白石(パンダ)
監修者が自分のサイトから監修ページをnofollowをつけずに紹介(リンク)しても問題ないと思います。
ただ「このリンクの設置が順位を上げる意図があったのか」というのをGoogleはチェックしていますので、リンクを貼るタイミングや量などには気を付けた方が良いと思います。
今後これを利用した「監修者ビジネス」的なものは沢山出ると思いますが、
それこそ例えば医療漫画や弁護士漫画に「監修」として医者や弁護士が携わってビジネスとなっているので、
まっとうなビジネスであり、ペナルティも受けないと思います。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述