【SEO】メインコンテンツとして動画を使うのは注意。動画は読み取れない。

PR



SEO】メインコンテンツとして動画を使うのは注意。動画は読み取れない。

動画をメインコンテンツとして使う時の注意点です。

PR




動画をメインコンテンツとして使うべきでない、メインコンテンツを補強するために利用する。Google検索にはテキストコンテンツが必要

コンテンツとして動画を使う場合の注意点に関して Google の John Mueller(John Mueller)氏が英語版オフィスアワーで言及しました。

『一般的に言って、ウェブページのメインコンテンツとして動画を使うときは気を付けたほうがいい。メインコンテンツを補う形で動画を使うべきだ。メインコンテンツの置き換えとして動画を使うべきではない。
単に動画を貼り付けるのではなくその動画に関するコンテンツ、たとえば文字起こししたものやその動画の内容に関する見解を加えたり、メインコンテンツを裏付けるための参照先として利用したりするといい。』

English Google Webmaster Central office-hours hangout

SEOコンサルタントの感想

記事と同じことを書きますが、Googleは動画の内容を読み取れません。
ですから「動画のみのコンテンツ」では不十分なのです。
さらに言えば画像の内容も十分にま読み取れません。

■動画⇒内容の文字起こしなどのテキストを記載する
■画像⇒altタグに画像の内容を的確に記述、周辺に説明テキストを記述

SEO漫画「ウェブマブ!」

マンガボックスインディーズ

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

LINEマンガインディーズ

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

少年ジャンプルーキー

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

SEO情報アンテナ

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト管理者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。

SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
[PR]サクラサクLABO
SEOコンサルタント
[PR]SEOコンサルティングサービス – サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク