PR




[PR]ランサーズ

SEO

Google「クロールしないページにリンクを貼ってもGoogleは認識しない」

投稿日:

Google「クロールしないページにリンクを貼ってもGoogleは認識しない」

Google「リンクを発見するためにページのクロールを強制する」

【Google翻訳】
Google「リンクを発見するためにページのクロールを強制する」
これをタイトルに入れるのは難しいですが、要するに、Googleのジョン・ミューラーは、クロールされないページに追加されたリンクをGoogleに発見させたい場合、あなたは恩恵を受けるのに苦労するだろうと言っているようです それらのリンク。 ジョンはツイッター上で「システムがクロールしないようなページである場合、それらのリンクはあまり役に立たないでしょう。そして、クロールを「強制する」ことはまったく変わりません。」

ツイートは次のとおりです。そのため、コンテキストで確認できます。

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
「自分のウェブサイトへのバックリンクを取得するための最良/最速の方法は何ですか? 彼らのウェブサイト上のリンクは、数か月後にインデックスに登録されていません。 ありがとう!」

『それは実際には不可能であり、実際には何も変わりません。 システムがシステムをクロールしないようなページである場合、これらのリンクはあまり機能しません。クロールを「強制」してもそれはまったく変わりません。』

このウェブマスターは古いページで新しいリンクを取得したようですが、ページがGoogleによってクロールされることはほとんどないため、リンクが存在することをGoogleは認識していません。

ジョンが言っているように思われるのは、Googleがページをクロールすることを強制したとしても、Googleがクロールすることはめったにないので、ページ上のそれらのリンクはおそらくとにかくあまり価値がないということです。 多分?

どう思いますか?

SEOコンサルタントのまとめ

たしかにそうですよね。だからサイトマップを作成するのであって。
あえてクロールしない設定なのでしたら承知のはず。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.