PR




[PR]ランサーズ

SEO

GoogleがGoogleBotのユーザーエージェントを更新

投稿日:

GoogleがGoogleBotのユーザーエージェントを更新

GoogleがGoogleBotのユーザーエージェントを更新する

Google to update GoogleBot’s user agent[Search Engine Land]

【Google翻訳】
GoogleがGoogleBotのユーザーエージェントを更新する
この12月に開始される新しいGoogleBotユーザーエージェントの準備が整っていることを確認してください。

Googleは12月から、GoogleBotが実行しているChromeのバージョンを表すようにGoogleのユーザーエージェントを更新すると発表しました。 今後のこの変更をサポートするために、GoogleBotのユーザーエージェントを調べる可能性のあるコードを更新することが重要です。

新しいユーザーエージェント。 GoogleがEvergreen GoogleBotを起動したとき、Googleは意図的に古いユーザーエージェントを保持していました。 これは、GoogleBotの検出方法をハードコーディングした可能性のある人が新しいEvergreen GoogleBotで問題を起こさないようにするために行われました。

新しいユーザーエージェントは間もなく変更され、GoogleBotがウェブサイトをクロールするときに使用しているChromeの現在のバージョンが表示されます。

前。 これが、モバイルとデスクトップでのGoogleBotのユーザーエージェントの外観です。

モバイル:
Mozilla / 5.0(Linux; Android 6.0.1; Nexus 5X Build / MMB29P)AppleWebKit / 537.36(KHTML、Geckoなど)Chrome / 41.0.2272.96 Mobile Safari / 537.36(互換性; Googlebot / 2.1; + http://www.google .com / bot.html)

デスクトップ:
Mozilla / 5.0(互換性; Googlebot / 2.1; + http://www.google.com/bot.html)

または

Mozilla / 5.0 AppleWebKit / 537.36(KHTML、Geckoなど、互換性あり、Googlebot / 2.1、+ http://www.google.com/bot.html)Safari / 537.36

変更後:これは、12月のこの変更後のGoogleBotのユーザーエージェントの外観です。 次のユーザーエージェント文字列では、「W.X.Y.Z」がGoogleが使用しているChromeバージョンに置き換えられます。 たとえば、W.X.Y.Zの代わりに、「76.0.3809.100」のようなものが表示されます。

モバイル:
Mozilla / 5.0(Linux; Android 6.0.1; Nexus 5X Build / MMB29P)AppleWebKit / 537.36(KHTML、Geckoなど)Chrome / WXYZ Mobile Safari / 537.36(互換性; Googlebot / 2.1; + http://www.google.com /bot.html)

デスクトップ:
Mozilla / 5.0(互換性; Googlebot / 2.1; + http://www.google.com/bot.html)

または

Mozilla / 5.0 AppleWebKit / 537.36(KHTML、Geckoなど、互換性あり、Googlebot / 2.1、+ http://www.google.com/bot.html)Chrome / W.X.Y.Z Safari / 537.36

注目すべきこと。 GoogleBot用にハードコードされたユーザーエージェント検出スクリプトがある場合、この新しいユーザーエージェントパターンをサポートすることを確認する必要があります。 Googleは、「評価を実施したため、ほとんどのWebサイトが変更の影響を受けないことを確信しています。」「サイトが特定のユーザーエージェントを探している場合、影響を受ける可能性があります。ユーザーエージェントスニッフィングの代わりに機能検出を使用する必要があります。機能検出を使用できず、ユーザーエージェントを介してGooglebotを検出する必要がある場合は、ユーザーエージェント内で「Googlebot」を探してください」とGoogleが追加しました。

それをテストする方法。コードに変更を加えた後、または開発モードでページがこれをサポートしていることをテストする方法を次に示します。これらの手順を使用して、Chromeでユーザーエージェントをオーバーライドできます。

なぜ私たちは気にしますGoogleBotは新しいユーザーエージェントを取得しています。ただし、GoogleBotのユーザーエージェント検出方法がある場合、サイトに影響を与える可能性があります。サイトをテストして、新しいユーザーエージェントがサポートされているかどうかを確認してください。ほとんどのサイトではおそらくこれについて心配する必要はありませんが、GoogleBotの検出についてアドバイスを行っている場合は、これらのスクリプトを更新するための手順を実行する必要があります。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.