PR




[PR]ランサーズ

SEO

Google「新しいサイトでは『M-Dot URL』を使用しない事を強くお勧めします」

投稿日:

3-5

Google「新しいサイトでは『M-Dot URL』を使用しない事を強くお勧めします」

新しいサイトでは『M-Dot URL』を使用しない事を強くお勧めします

【Google翻訳】
GoogleのJohn MuellerはTwitterで、m-dot URLを使用しないで、特に新しいサイトを強く推奨すると述べました。 Googleはサイトにレスポンシブデザインを使用することを常に強く推奨していますが、ここでJohnはm-dotsに近づかないことを強く推奨していると述べています。

ジョンは「Re:m-dot対レスポンシブ/ダイナミックサービング:特に新しいサイトでは、可能であればm-dot URLを使用しないことを強くお勧めします。これにより、すべてが非常に簡単になります。」

コンテキスト内のツイートは次のとおりです。

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)

「クライアントは約で出版社です。 6M +ユニーク/月。 Googleからのほとんど(検索/ニュース/発見)。 トラフィックの50%以上はAMPページへのものです。 PWAへの移行に関する議論。 私は不安です。 何かご意見は? ど URLは2019年以降もまだ存在しますか? @JohnMu洞察はありますか?」

『Re:m-dot対レスポンシブ/ダイナミックサービング:特に新しいサイトでは、可能であればm-dot URLを使用しないことを強くお勧めします。 すべてがとても簡単になります。 Re:PWA-彼らはすぐにクールなことをすることができますが、彼らはまた、特にSEOのために正しくするのは難しいです(しかし不可能ではありません)。』

M-Dot URLとは

"M-Dot" URLs and SEO

単一ドメインまたはm-dot URLを使用してモバイルサイトを配信することには、かなりの議論があります。 そして、SEOが非常に重要な世界では、もちろん、それが会話に忍び込んできました。

ここMoovwebでは、戦いに犬を飼っていません。 プラットフォームは、単一URLまたはm-dotを使用してモバイル向けに最適化されたページを配信することをサポートしています。 そして、両方がよく使われているのを見て、そのメリットを評価するために興味深い状況になりました。

深く掘り下げる前に、最後までスキップしましょう。異なるURLを持つモバイル向けに最適化されたページを使用できます。 できます。 m-dotでも、その他のURLでも。 FUDを無視します。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述