【SEO】Googleの「SEOが必要なケース」…SEO業者の見極めポイントとは?

PR



SEO】Googleが「SEOが必要なケース」を更新

Google「Search Console ヘルプ」にある「SEOが必要なケース」が更新されたようです。

PR




SEO が必要なケース – Search Console ヘルプ

SEO業者の選択

SEO 業者の選択
SEO サービスの利用を検討している場合は、早い段階で導入することをおすすめします。最適なタイミングは、サイトを再構築するときや新しいサイトを開設するときです。このタイミングなら、最初から検索エンジンとの相性を考慮してサイトを設計できます。もちろん優秀な SEO 業者であれば既存のサイトを改善することもできます。

提案された変更の実装に真剣に取り組む。 SEO 業者から提案された変更の実装には、時間と労力がかかります。こうした変更を行う時間を取るつもりがないのであれば、プロフェッショナルを雇う意味がありません。
SEO 業者の候補との面談を行う。以下に、SEO 業者に確認すべき質問の例を示します。
過去の事例のサンプルを見せてもらい、成功事例を紹介してもらう。
Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に従っているか。
オーガニック検索に役立つオンライン マーケティング サービスやアドバイスを提供しているか。
どのような結果が期待されるかと、その日程、成果を測定する方法。
同業種での実績。
該当する国や地域での実績。
外国語サイトの開発経験。
最も重視している SEO 技術。
創業年数。
連絡方法。サイトに加えたすべての変更に関する情報、およびアドバイスの内容に関する詳しい情報とその理由を伝えてくれるかどうか。
お客様やお客様のビジネスに関心を持っているかどうか。お客様に関心を持っている SEO 業者を探してください。そのような SEO 業者なら、以下のような質問をするはずです。
お客様のビジネスやサービスを特別で価値のあるものにしているのはどのような点ですか?
対象顧客はどういった方々ですか?
お客様のビジネスはどのような方法で収益を上げていますか、また、検索結果をどのように活用していますか?
他にどのような広告チャネルを使用していますか?
競合相手はどこですか?
SEO 業者の信用照会先を調査する。過去の顧客に対して、SEO 業者から提供されたサービスが役に立った、スムーズに連携できた、良好な成果が得られたと感じたかどうかを尋ねます。
サイトの技術監査および検索機能の監査を依頼する。実施する必要がある作業とその理由、および期待される成果を確認します。これにはおそらく、料金がかかります。また、Search Console でサイトへの読み取り専用権限を SEO 業者に付与する必要があります(この段階では、書き込み権限は付与しないでください)。SEO 業者の候補は、改善内容について現実的に評価し、関連する作業の見積もりを提供できる必要があります。SEO 業者が「変更を行うことで、検索結果の最初のページに必ず表示されるようになります」などと言う場合は、他の SEO 業者を探してください。
採用するかどうかを決定する。
注意事項
SEO 業者が有益なサービスが提供する一方で、一部の非道徳的な SEO 業者による非常に強引な宣伝や、検索エンジンの検索結果を不正操作しようとする試みが業界の信用を損なってきました。Google のガイドラインに違反する行為は、Google 検索結果でのサイトの表示方法に悪影響を及ぼし、場合によっては Google インデックスからサイトが削除されることもあります。

SEO 業者からサイトの最適化案を提示された場合は、信頼できるソース(Search Console のヘルプページ、ウェブマスター ブログ記事、ウェブマスター フォーラムでの Google 公認の回答など)でその裏付けを行うよう要求してください。

以下の点に注意してください。

一般的な詐欺行為の 1 つとして、不正なリダイレクトを使い、ユーザーを 1 つのサイトに集中させる「シャドー」ドメインの作成があります。こうしたシャドー ドメインは多くの場合、顧客の業務代行サービスを自称する SEO 業者が所有しています。このような業者は、顧客との関係が良好でなくなると、そのドメインを別のサイトや競合他社のドメインにリンクさせることもあります。こうなると、顧客は、お金を払って SEO 業者が所有する競合サイトを開発したことになります。
その他にも、顧客サイトのどこかに大量のキーワードを含んだ誘導ページを設置する不正行為もあります。SEO 業者は、こうすることでより多くのキーワードに関連したページになると主張します。しかし、個々のページが広範囲なキーワードのすべてと関連している可能性は低いため、この説明は本質的に間違っています。より狡猾な場合は、こうした誘導ページに SEO 業者の他の顧客への隠しリンクが含まれていることもあります。このような誘導ページは、次第にリンクの人気を低下させます。また、誘導ページには SEO 業者や他の顧客、場合によっては不快なコンテンツや違法なコンテンツを含んだサイトへのリンクが含まれていることもあります。
最後に、リンク プログラム(ランクを上げるために他のサイトからリンクを購入するなど)には関わらないでください。これは、Google の品質に関するガイドラインに違反する行為であり、サイトの一部またはすべてに対して手動による対策が実施される場合があります。その場合、サイトのランキングに悪影響が生じます。
SEO 業者になんらかの形でだまされたと感じたら、報告することをおすすめします。

米国連邦取引委員会(FTC)では、虚偽のビジネス行為や不正なビジネス行為についての苦情を受け付けています。申し立てを行うには、http://www.ftc.gov/(英語)にアクセスして [File a Complaint Online] をクリックするか、1-877-FTC-HELP まで電話で連絡するか、または次の宛先に申し立て書類を郵送してください。

Federal Trade Commission
CRC-240
Washington, D.C. 20580
アメリカ合衆国以外の国にある会社に対して申し立てを行う場合は、http://www.econsumer.gov/ にアクセスしてください。
Search Console ヘルプ より)

有用なガイドライン

不審なメールを送信する SEO 業者、ウェブ コンサルタント、代理店にご注意ください。
Google にも次のような迷惑メールが届きます。

「google.co.jp 様
あなたのウェブサイトは、主な検索エンジンやディレクトリのほとんどに登録されていないことがわかりました…」
「睡眠中に脂肪を燃やす」ダイエット薬や、追放された独裁者の財産を国外に移動するための支援要請などの詐欺メールと同様に、検索エンジンに関する迷惑メールを受け取ってもすぐに信用しないようにしてください。

Google で最上位に掲載されることを保証するのは不可能です。
サイトの掲載順位を保証すると主張したり、Google との「特別な関係」を強調したり、Google への「優先登録」を宣伝したりする SEO 業者には、注意してください。Google への優先登録などというものはありません。実際、Google に直接サイトを送信するには、こちらのページから URL を追加するか、サイトマップを送信するかしか方法がありません。また、この方法は自分で行え、一切費用がかかりません。

隠し立てする会社や、行動の目的を明確に説明しない会社には、用心してください。
不明なことがあれば説明を求めてください。SEO 業者が誘導ページや使い捨てのドメインなどを使用して、人を欺くようなコンテンツをユーザーの代わりに作成した場合は、そのユーザーのサイトが Google インデックスから完全に削除される可能性があります。結局、どの業者を選ぶかはユーザーの責任になりますので、その業者が契約者をどのように支援するつもりなのか正確に把握しておくことが大切です。SEO 業者がユーザーの FTP サーバーにアクセス可能な場合、ユーザーのサイトに加えた変更について、すべて説明する必要があります。

SEO 業者へのリンクは強制されるものではありません。
自由参加型のリンク、リンクのトラフィック対策、または何千もの検索エンジンへのサイトの登録申請などによる効果を宣伝している SEO 業者は、避けてください。これらの対策はほとんど無意味で、主要な検索エンジンにおける検索結果の掲載順位には影響を及ぼしません。少なくとも、ユーザーから見て効果があったと判断できるような掲載順位にはなりません。

思慮に基づいて選択してください。
SEO 業者との契約を検討する際は、その業界について調査することもおすすめします。もちろん、Google を使うのも 1 つの方法です。Google では、特定の業者については言及しませんが、これまで遭遇した会社の中には、SEO 業者と名乗りながら、認められるビジネス行為の範囲を明らかに超えた行為を行っている業者もあります。くれぐれもご注意ください。

何に対して料金を支払うのか確認してください。
Google は検索結果の掲載順位の販売は一切行っていませんが、検索エンジンによっては、クリック課金制や検索結果への表示課金制と、通常のウェブ検索結果を組み合わせているところもあります。SEO 業者の中には、検索エンジンでの表示を上位にすると約束しながら、検索結果ではなく、広告のセクションにサイトを掲載する業者がいます。また、業者によっては、他の検索エンジンを「コントロール」して自由にサイトの表示順位を選択できると錯覚させ、リアルタイムで価格を変動させる場合もあります。Google では、広告を広告として明示し、検索結果とは区別しているため、このような詐欺行為が行われることは決してありませんが、契約を検討している SEO 業者に、検索結果への永久登録に対する料金なのか、それとも一時的な広告の料金なのかを必ず確認してください。

他に注意すべき点。
取引相手の SEO 業者が悪質である可能性を警告するサインがいくつかあります。ここですべて網羅されているわけではないため、不審な点がある場合はご自身の直感に頼ることが必要です。SEO 業者が次の項目に当てはまる場合は、契約を考え直すことをおすすめします。

シャドー ドメインを所有している
誘導ページに他の顧客へのリンクを含めている
アドレスバーへのキーワード入力プログラムを販売している
実際の検索結果と、検索結果ページに表示される広告との区別を明確にしていない
掲載順位を保証するが、必然的に検索結果の上位になるような、あいまいで長いキーワードの場合に限る
複数のエイリアスや偽造された WHOIS 情報を使用している
虚偽の検索エンジン、スパイウェア、またはスカムウェアからのトラフィックを取得している
Google インデックスから削除されたドメインを所有している、または SEO 業者自体が Google に登録されていない
Search Console ヘルプ より)

辻氏のコメント

Googleのヘルプページ「SEO が必要なケース」が更新されています。このページは実情に合わない情報も多かったのですが、更新されて実情に沿うものも増えて、発注の前に「SEO 業者の信用照会先を調査」すべき、など良い案内が増えていますね。

SEOコンサルタントの感想

SEO サービスの利用を検討している場合は、早い段階で導入することをおすすめします。」
「もちろん優秀な SEO 業者であれば既存のサイトを改善することもできます。」

▼GoogleがSEO業者を勧めているのは意外でした。優秀なSEO業者であればすすめるんですね。

SEO 業者から提案された変更の実装には、時間と労力がかかります。こうした変更を行う時間を取るつもりがないのであれば、プロフェッショナルを雇う意味がありません。

▼本当にそうですね。「SEO業者に全て丸投げ」ではなく、企業(お客様)側でも作業や協力が必要なんです。

お客様やお客様のビジネスに関心を持っているかどうか。お客様に関心を持っている SEO 業者を探してください。そのような SEO 業者なら、以下のような質問をするはずです。
お客様のビジネスやサービスを特別で価値のあるものにしているのはどのような点ですか?
対象顧客はどういった方々ですか?
お客様のビジネスはどのような方法で収益を上げていますか、また、検索結果をどのように活用していますか?
他にどのような広告チャネルを使用していますか?
競合相手はどこですか?


SEO業者の見極めポイント。「良いSEO業者ならこういう質問するはずですよ」
というGoogleからの、SEO業者には辛辣な指摘。

▼ドメイン増やしてリダイレクトするやつを『「シャドー」ドメイン』と言うんですね。

リンク プログラム(ランクを上げるために他のサイトからリンクを購入するなど)には関わらないでください。これは、Google の品質に関するガイドラインに違反する行為であり、サイトの一部またはすべてに対して手動による対策が実施される場合があります。その場合、サイトのランキングに悪影響が生じます。

▼現在のGoogleはスパムサイトからのリンクを無視します
【SEO】Googleはスパムリンクを把握し、正確に無視できる
ので、現在被リンクで順位が下がった場合はこれですね。

SEOセミナー情報

【SEO対策に悩むライター必見!】SEOプロ講師から学ぶWeb集客率アップの戦略!

2018/12/19 (水)
会場
Aishare 株式会社
チケット
受講料 ¥3,000

マンガボックスインディーズ

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

LINEマンガインディーズ

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

少年ジャンプルーキー

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

SEO情報アンテナ

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト管理者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。

SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
[PR]サクラサクLABO
SEOコンサルタント
[PR]SEOコンサルティングサービス – サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク