PR




[PR]ランサーズ

SEO

Googleは特定のクエリに対するSearch Consoleのインプレッションの急増を調査中

投稿日:

JohnMueller

JohnMueller

Googleは特定のクエリに対するSearch Consoleのインプレッションの急増を調査中

Googleはインプレッションとクエリの急増を調査しています

【Google翻訳】
Googleはインプレッションとクエリの急増を調査しています

GoogleのJohn Mueller氏によると、Google検索チームは特定のクエリに対するSearch Consoleのインプレッションの急増を調査しています。 実際、Google Trendsはこれらのクエリにも同様のスパイクを示していたようです。そのため、何らかのGoogleバグまたはGoogle検索でゲームをプレイしている人がいる可能性があります。

実際、クエリローンのGoogleトレンドを見ると、先月から大きなスパイクが見られます。

この質問は、金曜日のGoogleハングアウトで14:38の時点でビデオに登場しました。 人は言った:

Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)

この特定のキーワードの検索数が大幅に増加しました。 1日あたり平均約7〜8千の検索から、1日あたり約400万の検索になりました。 それは先月であり、そのようなことは続きました。 数字は小さくなっていますが、まだ数百万単位です。 また、調査を行ったところ、Googleトレンドでも同様に調べたところ、同じキーワードでも急上昇が見られました。 また、たとえば、一部の国ではGoogle Trendsを開いてそこに単語のローンを入れると、単語を検索する傾向のないこれらすべての異なる国のドイツでもわかります。 ローン、それだけでスパイクし、Google Search Consoleのデータと相関します。 これは明らかに、Google Search ConsoleではなくGoogle検索に問題があると信じさせてくれます。 いくつかのバグがあるか、印象の急上昇を引き起こしている何かがあるように。
GoogleのJohn Muellerが回答しました:

うん。 チームはそれを検討していると思います。 知りません。 ソリューションは何になりますか。 Search Consoleのデータとそのすべてを再計算したい場合。 しかし、彼らはそれを検討していることを知っています。

English Google Webmaster Central office-hours from September 27, 2019

SEOコンサルタントのまとめ

特定のキーワードとはなんだ??

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述