PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO ウェブマスターオフィスアワー

「nofollowとsponsored」についてGoogleがコメント

投稿日:

ウェブマスターオフィスアワー2

「nofollowとsponsored」についてGoogleがコメント

「nofollowとsponsored」の誤解についてGoogle金谷氏がコメントしました

Google金谷氏のコメント

月曜になったので検索の話題を少し。最近 nofollow と sponsored に関する記事がまたシェアされてるのを見ましたが、ポイントは sponsored に書き換えるメリットは Google 側にしかない、という感じで書かれているものが多かった気がします。誤解があるといけないのでコメントします。続く

少なくともユーザーにとってはメリットはあります。nofollow リンクがリンク先に対してネガティブな意味のものなのか、単に有料リンクであることを避けるためのものなのかが明確になり、リンク先に対して適切な評価をしやすくなるからです。続く

おそらくコメントされていた方々はそのくらいの事をわかっていると思うのですが、このアップデートの背景を知らない方が記事を読まずそうしたコメントだけ読むと変な誤解をしそうだな、と思ってコメントしました。

補足。記事自体を否定するものではありません。

関連記事

Google「可能であればアフィリエイトリンクにrel = sponsoredを使用してください」

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
これに対するジョンの答えを聞きたいです。 私の考えでは、読者がクリックしているリンクが収益化されたリンクであることが読者に明らかである限り、大丈夫であるはずです。 また、rel = sponsoredを使用して、Googleを明確にすることもできます。

『うん。 また、可能であれば、アフィリエイトリンクにはrel = sponsoredを使用してください。 そして、より完全にするために:アフィリエイトリンクは悪くありません。 サイトを収益化することは問題ありません。 Googleはそれで問題ありません。 それらを非表示にする必要はありません。可能な場合は、適切な種類のリンクを使用してください。』

「できれば、アフィリエイトリンクにrel = sponsoredを使用してください。」
新しいリンク属性はGoogleを支援するものであり、Googleはそれらを使用する必要がないと述べています。 しかし、あなたがグーグルを助けるなら、それはあなたを助けますか?
いずれにしても、アフィリエイトリンクをnofollowからスポンサー付きに簡単に変更できる場合は、それを行います。 それが大きな痛みであれば、気にしないでください。

サイバー木村氏

SEOコンサルタントのまとめ

SEOコンサルタント白石(パンダ)
SEOコンサルタント白石(パンダ)
「sponsored」タグについてはGoogle向けでありランキングには影響しませんが、ユーザーの為にもなる、ということですね。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述