PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

ものすごく大きな画像を掲載してもSEOに悪影響は出ない?

投稿日:

画面いっぱいの大きな画像はSEOにマイナスか?

グーグル検索結果CTR調査【2021年最新版】日本の検索1位クリック率は13.9%【SEO情報まとめ】[Web担当者Forum]
ものすごく大きな画像を掲載してもSEOに悪影響は出ませんか? スクリーンのほとんどを画像が占めます。

こうした質問に、グーグルのジョン・ミューラー氏が次のように返答した。

その画像がページの主要なコンテンツなら、中心に目立つように配置するのはいい考えだ。

やあ! @JohnMu記事の画像サイズが大きすぎると、SEOに悪影響を与える可能性があるのではないかと思います。 サイズが大きすぎます-重量と速度は問題ありません。 画面のほぼ100%を占める画像を意味します。

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
それがページの主要なコンテンツである場合は、それを前面と中央に配置することをお勧めします。

いずれにせよ、注意すべきは表示速度の低下だ。画像が大きければ大きいほど、ファイルサイズが大きくなりページの表示速度が遅くなりがちだ(この質問者の場合は大丈夫なようだが)。

たとえば、次のような施策を利用できる。

画像を最適化し(品質を落とさずに)ファイルサイズを削減する
WebPやAVIFのような軽量フォーマットの画像を配信する
preload リンク要素を設定して画像を優先して読み込ませる

SEOコンサルタントのまとめ

質問:画像サイズが大きすぎる場合SEOに悪影響を与える可能性がありますか?
■Google ジョン・ミューラー氏
回答:それがページの主要なコンテンツである場合は、それを前面と中央に配置することをお勧めします。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2022 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述