PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO ウェブマスターオフィスアワー

検索順位に影響する「インタースティシャル」

投稿日:

ウェブマスターオフィスアワー2

検索順位に影響する「インタースティシャル」

Googleの「ウェブマスターオフィスアワー」2020年2月27日の内容です。

質問「検索順位に影響する「インタースティシャル」」

過剰なインターステーシャルを実装しているページでは、検索順位が低くなる可能性があると理解しております。
その仕組みが、どのような用途のインターステーシャルに適用されているか質問させて頂きたく思います。
●「アプリインストール誘導のインターステーシャル」
●「インターステーシャル広告」
●「それ以外(例:ページの使い方や注意書きを、ページ全体を覆いかぶせるようなインターステーシャルで表示するなど)
いずれにも順位を下げる仕組みが適用されると認識しておりましたが、
相違ございますでしょうか。

Google金谷氏の回答

■Google金谷氏
ウェブマスターオフィスアワー2
いくつか例外があるのですが

モバイル ユーザーが簡単にコンテンツにアクセスできるようにするために[Googleウェブマスター向け公式ブログ]

一方、正しく使うことで、新しいランキング要素の影響を受けない手法についても例を挙げておきます。
法律上の必要性に基づいて表示されているように見えるインタースティシャル(Cookie の使用、年齢確認など)。
一般公開されていないコンテンツ(そのためインデックス登録ができない)を有するサイトが表示するログイン ダイアログ。たとえば、メール サービスのように個人的なコンテンツが含まれる、有料のコンテンツであるためインデックス登録できない、などの場合が考えられます。
画面スペースから見て妥当な大きさで、簡単に閉じることのできるバナー。ここで言う妥当な大きさとは、たとえば Safari や Chrome に表示されるアプリ インストール バナー程度の大きさです。

是非一度こちらをご覧頂ければと思います。
法律上の必要性に基づいて表示(Cookie の使用、年齢確認など)や適切な画面のサイズの場合などは例外です。

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2020 年 02 月 27 日)

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2020 年 02 月 27 日)

SEOコンサルタントの感想

SEOコンサルタント白石(パンダ)
SEOコンサルタント白石(パンダ)
基本的に画面を覆い隠す「インタースティシャル」は順位に影響すると考えておいたほうが良いです。
私は実際に担当サイトが「インタースティシャル」を使用し順位が落ち、「インタースティシャル」を外して
回復させた経験があります。

それについては下記記事をお読み頂ければと思います。

インターステーシャル広告関連記事

『煩わしいインタースティシャルが表示されるページは、すぐにコンテンツにアクセスできるページに比べユーザー エクスペリエンスが低くなります。画面が小さいモバイル端末であればなおさらです。Google では、モバイル検索時のユーザー体験をさらに高めるため、ユーザーがモバイル検索結果からページに遷移した際、すぐにコンテンツにアクセスできないようなページを、2017年1月10日より、これまでよりも低く掲載する可能性があります。』 1:ユーザーが検索結果からページに移動した直後やページを閲覧している最中に、メインのコンテンツを覆い隠すようにポップアップを表示する。 2:スタンドアロン インタースティシャルを表示して、それを閉じないとメインのコンテンツにアクセスできないようにする。 3:スクロールせずに見える部分がスタンドアロン インタースティシャルのように見えるレイアウトを使用して、インラインのメインのコンテンツはスクロールしないと見えないようにする。』 (Googleウェブマスター向け公式ブログ より)
「順位が落ちたのは【インターステーシャル広告を表示している為】」 だと思われます。 ■解決策 1:Googleに明確に改善した事を伝えるには ▼インターステーシャル広告を表示しない⇒「Fetch as Google」で報告 という対処が良いでしょう。 2:インターステーシャル広告を表示させたい場合 事情でどうしてもインターステーシャル広告を表示させたい場合は、「広告を小さくする」事です。
Cookie-の使用に関するインタースティシャルの例
年齢確認のインタースティシャルの例
煩わしいスタンドアロン-インタースティシャルの例
画像-Googleが提示する「煩わしいポップアップの例」

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述