PR




【広告】おすすめのSEO会社

ウェブマスターオフィスアワー

【まとめ】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2020年3月20日)

投稿日:

JohnMueller

目次

【SEO】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2020年3月20日)

2020年3月20日のGoogleウェブマスターハングアウトです。

Googleウェブマスターハングアウト

【Google翻訳】

カテゴリーページの有用なテキストはGoogleを助けます

カテゴリページの有用で話題性のあるテキストは、Googleがそれらを少しよく理解するのに役立ちますが、Googleがページの意図を情報ページではなくショッピングページとして認識できることを確認してください。

FAQコンテンツは各ページに固有である必要があります

FAQセクションで提供するコンテンツは、個々のページに固有のものであり、複数のページにコピーすることはできません。

再審査リクエストの処理には1か月かかる場合があります

Googleが再審査リクエストに対応するまで、特に関連する問題をリンクするのに最大で1か月かかる場合があります。 問題のあるコンテンツを見つけたらすぐに対応したいので、Googleは最初に警告を送信しません。

Googleは不自然なコンテンツを自動的に無視したい

不自然なコンテンツに手動のペナルティを適用する代わりに、Googleは、不自然なリンクに対して既に行っているように、不自然なものを無視する自動ソリューションを開発したいと考えています。 ただし、ペナルティが適用される状況では、レビュアーはおそらく時間をかけてサイトを確認します。

繰り返し行われる再審査のリクエストは遅れません

Googleは複数の再審査リクエストを処理しますが、レビューの間に一定の期間待つ必要はありませんが、ウェブサイトが行き来しているのを見た場合、審査に時間がかかることがあります。

ペナルティを再検討したサイトは、より厳密に監視されません

Googleは、ペナルティがあり、再審査リクエストが成功したサイトをより厳密に監視することはありません。

プロキシを使用してGoogleツールで開発サイトをテストする

モバイルフレンドリーテストなどのGoogleのテストツールが、許可されていない、またはインデックスに登録されていないローカルにホストされた開発サイトで機能しない場合、Googleはファイアウォールをバイパスするプロキシの実装ガイドを提供します。

応答ページが遅いサイトのクロール頻度が低い

ページの応答時間が遅いためにGoogleがページをすばやく再クロールできない場合、Googleは必要な頻度でページを再クロールしません。

ユーザーエクスペリエンスの速度指標がランキングに影響する

Googleがページのランク付けに使用するページ速度の指標は、単にページのフェッチ時間ではなく、実際のユーザーのレンダリングエクスペリエンスに基づいています。

レンダリングされたページリソースはGoogleのクロール速度に含まれます

Googleがページをレンダリングするときに取得するリソースは、Googleのクロール予算に含まれ、Search Consoleのクロール統計データで報告されます。

遅いページのグループによって平均フェッチ時間が影響を受ける場合がある

遅いページの特定のグループをクロールするのにGoogleがより多くの時間を費やしている場合、平均フェッチ時間が長くなり、クロールされたデータが悪く見える可能性があります。

Googleは新しいページを検索用語との関連性についてテストします

Googleは、多くのシグナルなしで新しいページを検索結果の上位に表示して、ページが最も関連性の高い場所に表示されるようにします。 彼らはより多くの信号を収集するので、これは時間とともに落ち着きます。

サイトマップのping、最終変更、個別のサイトマップを使用して、更新されたコンテンツのインデックスを作成する

Googleが更新されたコンテンツをより迅速にインデックスに登録できるようにするには、サイトマップが更新されたときにGooglebotにpingし、サイトマップで最終変更日を使用し、更新されたコンテンツに別のサイトマップを使用して、より頻繁にクロールできるようにします。

低品質のページを削除すると、クロールとサイト品質に影響を与えるのに数か月かかります

サイトから低品質のページを削除すると、サイトの残りの部分のクロールにプラスの影響が出る場合がありますが、ログファイルを使用して測定できるクロールの変更が表示されるまで3〜9か月かかることがあります。 サイト全体の品質の改善が影響を与えるまでにさらに時間がかかる場合があります。 残骸のコンテンツを削除することによる悪影響は珍しいです。

SEOコンサルタントのまとめ

●カテゴリページの有用で話題性のあるテキストはGoogleを助けます
●再審査リクエストの処理には1か月かかる場合があります
●繰り返し行われる再審査のリクエストは遅れません
●応答ページが遅いサイトのクロール頻度が低い
●ユーザーエクスペリエンスの速度指標がランキングに影響する
●レンダリングされたページリソースはGoogleのクロール速度に含まれます
●Googleは新しいページを検索用語との関連性についてテストします
●低品質のページを削除すると、クロールの変更が表示されるまで3〜9か月かかることがある
●一度ペナルティを解除したサイトを厳密に監視したりはしない
【白石】
ペナルティを解除されたら、もう安心。

●Googleは不自然なコンテンツを自動的に無視したい
【白石】
「低品質サイトを無視する」というのは恐らく完璧ではないのだろうな。。。

●FAQコンテンツは複数のページにコピーしないほうが良い
【白石】
同じ「よくある質問(FAQ)」をコピーして色々なページに表示させないほうが良い。
リンクするようにした方が良いという事ですね。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述