PR




[PR]ランサーズ

SEO ウェブマスターオフィスアワー

【まとめ】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年10月1日)

投稿日:

JohnMueller

【SEO】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年10月1日)

2019年10月1日のGoogleウェブマスターハングアウトです。

Googleウェブマスターハングアウト

【Google翻訳】

脚注のリンクは、テキスト内に含まれるリンクとは異なって表示されます

Googleが脚注でリンクを表示する方法には、コンテンツ内のリンクと比較して違いがあります。 ページのコンテンツ内のリンクは、Googleがリンクの内容を理解しやすくする特別なコンテキストを提供します。 これに対して、アンカーテキストが設定されていない脚注内のリンクは、完全に独立していると見なされます。 ジョンは、コンテンツ内のリンクを使用することをお勧めします。ユーザーはそこでリンクに簡単にアクセスして使用できます。

Meta Robots Maxスニペットは、注目のスニペット長にも適用されます

メタロボットの最大スニペットタグは、通常のテキストスニペットの文字数をGoogleに伝えるために使用され、機能するスニペットまたは典型的なリンク結果のどこに表示されるかに関係なく適用されます。 ジョンが言及した1つの例外は、構造化データを使用して特定のリッチ結果タイプをトリガーする場合、それは適用されないということです。

Meta Max Snippetタグで注目のスニペット結果をブロックしていないことを確認してください

ページを注目のスニペットとして表示したいが、スニペットの最大長を1文字に設定した場合、これは注目のスニペットとして表示されない可能性があります。

Data No Snippetタグを使用しても、コンテンツのランキングには影響しません

data no snippetタグを使用すると、検索結果の説明に表示したくないコンテンツの部分を指定し、結果が表示されるすべての場所に適用できます。 これはコンテンツのランキングには影響せず、検索結果のプレビュー内に表示されるものにのみ影響します。

翻訳されたコンテンツは、まったく新しいコンテンツとして扱われます

翻訳者によって翻訳されたコンテンツは、ユニークなコンテンツとして扱われ、スピンされたコンテンツとしては表示されません。これは、言語ごとに単語を翻訳するときに単語が異なるためです。

Googleは、一般的なTLDとして扱うccTLDのリストを持っています

Webサイトが汎用ドメインとして扱われているかどうかを確認するには、GSCの国際設定にアクセスし、国際ターゲットを設定できるかどうかを確認することをお勧めします。

GooglebotのIPをブロックすることが、Googleがサイトをクロールするのを防ぎ、他のツールがアクセスすることを許可する最良の方法です/h3>
Googlebotがステージングサイトをクロールするのをブロックしたいが、他のクロールツールへのアクセスを許可したい場合、Johnは、サイトを表示する必要があるユーザーとツールのIPをホワイトリストに登録することをお勧めしますが、Googlebotは許可しません。 これは、noindexタグがある場合でもGoogleがサイトで見つけたページをクロールしたり、robots.txtでブロックされていてもクロールせずにページをインデックス付けしたりする可能性があるためです。

Googleには、サイトマップのクロールとGSC検証用に個別のユーザーエージェントがあります

Googleには、サイトマップファイルを取得するユーザーエージェントと、GSC検証のためにクロールするユーザーエージェントがあります。 ジョンは、これらをブロックしていないことを確認することをお勧めします。

SEOコンサルタントのまとめ

●脚注のリンクは、コンテンツ内のリンクと比較して違いがある
…アンカーテキストのないものは独立する。
●メタロボットの最大スニペットタグはどこに表示されるかに関係なく適用される
●Data No Snippetタグを使用しても、コンテンツのランキングには影響しない
●翻訳されたコンテンツは、まったく新しいコンテンツとして扱われ
●Googleがサイトをクロールするのを防ぎたいならGooglebotのIPをブロックすること。
●GoogleにはサイトマップのクロールとGSC検証用に個別のユーザーエージェントがあるのでブロックしないように。

翻訳されたコンテンツは、まったく新しいコンテンツとして扱われるということはこの記事や私のサイトの記事もそうなるのでしょうか…?

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.