PR




[PR]ランサーズ

SEO ウェブマスターオフィスアワー

Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年5月28日)

投稿日:2019年5月31日 更新日:

【SEO】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年5月28日)

Googleジョン・ミューラー氏によるGoogleウェブマスターハングアウト・2019年5月28日の内容です。

【SEO研究所】サクラサクLABO

英語版Webmaster hangout(5/28)まとめ
https://www.deepcrawl.com/blog/news/google-webmaster-hangout-notes-may-28th-2019/ …

注目トピック
・ファビコンが適切かどうかは画像認識アルゴリズムが判断する
・クロールバジェットは読み込みを行うURLの数だけ消費される
・リッチリザルトとして表示されるのは1ページにつき1種類だけ


[PR]SEOコンサルティングサービス - サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。

Googleウェブマスターハングアウトノート:2019年5月28日

【Google翻訳】
Googleウェブマスターハングアウトノート:2019年5月28日

自動画像認識は、お気に入りのレビューに使用されることが期待されています

ファビコンがガイドラインに従っているかどうかを検討する際、Johnは、ファビコンがガイドラインに従っていないかどうかを識別するためにアルゴリズムによる自動画像認識が使用され、それを除外することを期待しています。 ファビコンが変更されてガイドラインに従っているのを確認したら、次にそれを再度ピックアップする必要があります。

▼ファビコンがガイドラインに従っているかはアルゴリズムによる自動画像認識で判断し、従っていなければ除外される。

検索フィードからの訪問者は、有機の検索トラフィックとして参加することが期待されています

現在統一されていませんが、Johnは長期的には、ディスカバーフィードからサイトに到着した訪問者は、オーガニック検索結果からの訪問者とみなされると考えています。 これは、ディスカバーフィードが別の検索サービスとして識別されているためです。

▼ディスカバー見る=検索したことになるのか。。

モバイルフレンドリーテストおよびGSCでのインデックス読み込みエラーのないリソース読み込みエラー

Mobile Friendly TestおよびInspect URL Tool内で、Googleは画像、フォント、およびJavaScriptを含むすべてのページコンテンツと埋め込みURLを取得します。これにより、タイムアウトの問題が発生することがあります。 ただし、キャッシュや古いバージョンのファイルの使用により、検索結果に対するコンテンツのインデックス作成には影響しません。

クロールバジェットは、サーバーから取り出されたすべてのURLに関連しています

一般に、クロール予算はGoogleがサーバーから取得するすべてのURLに関連しているため、ページを表示するために必要な埋め込みURLが複数あり、それらすべてを取得する必要がある場合、それらはすべてクロール予算全体に含まれます。

▼ページに多数URLがある場合そのURLのぶんだけクロールバジェットを使う。。

Googleは、表示する1次タイプの構造化データを選択します

ページ上に異なる構造化データスクリプトがある場合、Googleは検索結果に複数の種類を表示することができないため、1つだけを選択します。 Johnは、実装に集中するために最も気にするタイプを定義することをお勧めします。

▼構造化データを複数書いても1つが選ばれる

最後の週の索引付けの問題は解決されました

先週見られたGoogleの新しいコンテンツのインデックス作成に関する問題に関連するインデックス作成の問題は解決されました。 サイトでコンテンツのインデックス作成に関する問題がまだ発生している場合、これは前の問題とは関係ありません。

翻訳されたURLにSEOの利点はありません

Googleが各言語に固有のURLを表示できる限り、URL内の各単語を翻訳する必要はありません。 これはユーザーエクスペリエンスにとってプラスになる可能性がありますが、SEOのメリットをもたらすことはありません。

▼ここはちょっと解釈がわかりません。
翻訳したコンテンツはユーザーエクスペリエンスでプラスにはなるがSEOにプラスはない、という事ですかね?

グーグルボットがハッシュバングルのURLをエスケープフラグメントに変換する必要はない

Googlebotは、ハッシュ化されたフラグメントで指定された事前レンダリングされたバージョンを使用するのではなく、ハッシュ化されたURLを直接レンダリングおよびインデックス付けできるため、ハッシュ化されたURLをエスケープフラグメントに変換しなくなりました。 したがって、JohnはハッシュタグベースではなくURLベースのものに移行することをお勧めします。

ストリーミングコンテンツの場合は、すべての主要コンテンツが使用可能であることを確認してください

サイトがコンテンツをページにプログレッシブストリーミングしている場合、Johnは、コンテンツのレンダリングに使用されている方法のため、すべての主要コンテンツをすぐに利用できるようにすることをお勧めします。 ユーザーにとっては有用だが索引付けには重要ではない追加のコンテンツは、順次ストリーミングすることができます。

SEOコンサルタントの感想

このサイトは翻訳したものが沢山ありますがそれはSEO的にはプラスにならない・・・
勿論このサイトではSEO目的ではなく情報共有の為に翻訳しております。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.