PR




[PR]ランサーズ

SEO

Googleのアルゴリズムは医療系に関しては向上してきた

投稿日:2019年6月3日 更新日:

Googleのアルゴリズムは医療系に関しては向上してきた

医療系サイトアルゴリズムについてのコメント。

医療系サイトの品質を判断するGoogleの能力は向上している

医療系サイトの品質を判断するGoogleの能力は向上している[海外SEO情報ブログ]

Google の John Mueller は次のようにコメントしました。

■Googleジョン・ミューラー氏

『昨年あたりから、検索品質の向上にアルゴリズムがより力を入れているタイプのサイトがある――より重要な意味を持つサイトだ。
たとえば医療系のサイトがそういったタイプのサイトだと(SEO 界隈で)言われていると聞いている。そうしたタイプのサイトでは権威性や専門性などが見られているとも話題になっているが、極めて当然なことだと私は思う。
医療関連のサイトの品質を判断することは以前は本当に難しかった。しかし時間とともに、私たちのアルゴリズムはその点に関しては向上してきた。
たとえ過去 10 年間とてもいい状況だったとしても、低品質なアフィリエイトであれば、医療系のサイトはこうしたアルゴリズム改善による影響を見てきているかもしれない。』

English Google Webmaster Central office-hours hangout

サイバー木村賢氏

医療系サイトの品質を判断するGoogleの能力は向上している|
明日もこのあたりはあるだろうね。YMYLとそうじゃないものの切り分け含めトピックの把握の部分とその対処とかかなあ?医療だけじゃなく、ガイドラインで言うshopping に当てはまる部分がどう動くかは気になる。

ガイドラインが変わってる方向性とコアアルゴリズムの変更の方向性が合ってくれたらありがたいがどうかな?
まあ、クロール&インデックスの話じゃないのでなんもできんのだけどね。というか、SEOがなくてもしておくべきことをしているかどうかって話か。

SEOコンサルタントの感想

たしかに、医療系のアルゴリズムは向上していることを感じます。
そして低品質なアフィリエイトサイトはどんどん落とされてきていますね。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.