PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

Googleが検索で信頼できる情報を提供する方法

投稿日:

■Google Danny Sullivan(ダニーサリバン)氏のブログ記事です。

Googleが検索で信頼できる情報を提供する方法

【Google翻訳】
多くの人にとって、Google検索は、問題についての詳細を知りたい場合や、お気に入りのチームの統計を引用している友達を実際に確認したい場合など、質問に関する情報を見つけたいときに行く場所です。 私たちは毎日何十億ものクエリを受け取っていますが、人々がGoogleにアクセスし続ける理由の1つは、信頼できる関連性のある信頼できる情報を見つけることができることを知っていることです。

高品質の検索エクスペリエンスを提供することは、Googleを非常に役立つものにするための中核です。 PageRankアルゴリズムを導入した当初から、ウェブコンテンツの品質を理解することが、Googleを他の検索エンジンと差別化するものでした。

しかし、人々はしばしば尋ねます:品質とはどういう意味ですか、そしてGoogleで見つけた情報が信頼できることを保証する方法をどのように理解しますか?

それについて考える簡単な方法は、情報品質へのアプローチに3つの重要な要素があるということです。

●まず、基本的に私たちのランキングシステムを設計して、人々が有用で信頼できると思われる情報を特定します。

●これらの取り組みを補完するために、オンラインで表示されているすべての情報を理解するのに役立つだけでなく、保健機関や政府機関などの当局からの情報に直接アクセスできるようにする多数の検索機能も開発しました。

●最後に、高品質で役立つコンテンツを確実に表示するために、検索機能に表示できるものに関するポリシーがあります。

これらの3つのアプローチにより、Googleは引き続き検索を改善し、品質の水準を引き上げて、世界中の人々に信頼できるエクスペリエンスを提供することができます。 これらの各領域への取り組み方を詳しく見てみましょう。

品質に関するランキングシステムの方向付け

クエリに最も関連性の高い結果を理解するために、クエリの単語と概念をインデックス内の関連情報と照合することを目的としたさまざまな言語理解システムがあります。 これは、スペルミスや同義語などを理解するシステムから、より複雑な自然言語のクエリを理解できるBERTベースの言語機能などのより高度なAIベースのシステムにまで及びます。

言語理解システムの更新により、検索結果の関連性が高まり、全体的なエクスペリエンスが向上します。 しかし、高品質で信頼できる情報となると、高度な情報理解機能を備えていても、Googleのような検索エンジンは人間のようにコンテンツを理解しません。 何かが誇張されている、正しくない、質が低い、またはその他の理由で役に立たないものである場合、私たちはしばしば単語や画像だけでは判別できません。

代わりに、検索エンジンは、一般的に「シグナル」と呼ばれるものを通じて、コンテンツの品質を大きく理解します。 これらは、人間が高品質または信頼できると解釈する可能性のあるページの特性に関する手掛かりと考えることができます。 たとえば、特定のページにリンクしている高品質のページの数は、ページがトピックに関する信頼できる情報源である可能性があることを示しています。

他のさまざまな品質信号を検討し、品質信号の混合が機能しているかどうかを理解するために、多くのテストを実行します。 10,000を超える検索品質評価者がいます。何百万ものサンプル検索をまとめて実行し、E-A-Tと呼ばれるもの(専門知識、信頼性、信頼性)にどれだけ対応しているかに従って、結果の品質を評価します。

評価者は、誰もがGoogleの検索品質評価者ガイドラインで読むことができる指示に従い、サンプルクエリの結果を評価し、リストされたページがこれらの品質の特性をどの程度示しているかを評価します。

最近、検索評価プロセスをより詳細に説明しましたが、受け取った評価がランキングアルゴリズムで直接使用されていないことに再度注意してください。 代わりに、レーティングはデータを提供します。これらのデータは、総合すると、システムが国や世界中の人々が情報を評価する方法に合わせた質の高いコンテンツを提供するためにどの程度機能しているかを測定するのに役立ちます。 このデータは、システムを改善し、高品質の結果を確実に提供するのに役立ちます。

健康、財務、市民情報、危機的状況など、質の高い情報が特に重要なトピックについては、専門知識と信頼性に関連する要素をさらに重視しています。 あるトピックについて信頼性と専門知識を示すサイトは、偽りの情報や誤解を招く情報を公開する可能性が低いことがわかったため、これらの特性のシグナルを特定するシステムを構築できれば、信頼できる情報を提供し続けることができます。 これらのシステムの設計は、潜在的な誤情報を含む低品質のコンテンツに対する最大の防御であり、長年に渡って投資してきた作業です。

専門家からの情報を検索で直接

ほとんどの場合、私たちのランキングシステムは、特に健康のようなトピックや危機的状況において、オープンウェブから関連性と信頼性の高い情報を簡単に見つけられるようにする非常に優れた機能を果たします。 しかし、これらの分野では、地方自治体、保健機関、選挙管理委員会などの権威ある組織からの情報を検索で直接利用できるようにする機能も開発しています。

たとえば、医療専門家によって吟味された健康状態や症状に関する情報を含むナレッジパネルが長い間検索にありました。 最近では、失業手当に関する情報を検索する人々が大幅に増加したため、行政機関と協力して、資格とこの市民サービスへのアクセス方法の詳細を強調しました。 また、長年にわたり、投票方法や投票所の場所を見つけるのに役立つ機能を提供してきました。 Google Civic Information APIを通じて、他のサイトやサービスがこの情報をウェブ全体で利用できるようにします。 この種の情報は、特に急速に変化する状況では、必ずしも簡単に見つけることができるとは限らないため、これらのような機能により、最も必要なときに重要なガイダンスを確実に得ることができます。

表示される情報を理解するのに役立ちます

多くの検索では、人々は必ずしも迅速な事実を探しているのではなく、より複雑なトピックを理解しています。 また、他の人が自分の意見を形成するために何を言っているかを確認する目的で、他の場所で情報を聞いて検索にアクセスする人もいます。

このような場合は、オンラインで表示されている情報を理解し、信頼できる情報源を見つけ、トピックに関する全体像を探るためのツールを提供したいと考えています。

たとえば、ファクトチェックのラベルを表示することで、検索、ニュース、そしてGoogle画像でファクトチェックを簡単に見つけることができます。 これらのラベルは、ClaimReviewスキーマを使用して、発行したファクトチェックをマークアップする発行元から提供されます。 Googleは何年もの間、Googleのニュースと検索でフルカバレッジを提供してきました。ストーリーがどのように進化したかを探求し、理解し、さまざまな角度や視点を探求するのに役立ちます。

ポリシーによる検索機能の保護

また、ナレッジパネル、注目のスニペット、オートコンプリートなどのより一般的な検索機能も提供し、独自の方法で情報を強調表示して整理したり、必要なクエリを予測したりします。 これらの機能は検索で情報をハイライト表示する方法があるため、品質については非常に高い水準を維持し、それらのスペースに表示するコンテンツに関するガイドラインを設けています。

これらの機能の中で、私たちは何よりもまず、役立つコンテンツを表示する自動ランキングシステムを設計します。 しかし、私たちのシステムは常に完璧であるとは限りません。 そのため、システムがポリシーに違反するコンテンツの表示を防止できない場合、執行チームはポリシーに従って行動します。

検索機能のポリシーへの取り組みについて詳しくは、こちらの投稿をご覧ください。 検索に関する詳細を引き続きお探しの場合は、検索の仕組みシリーズの過去の記事をご覧ください。

高品質で信頼できるコンテンツをGoogleはどのようにして検索で提供しているのか

▼日本語での詳しい解説はこちらをご覧ください。

高品質で信頼できる情報を Google がどのようにして検索で提供しているかを、Google 検索の広報役を務める Danny Sullivan(ダニー・サリヴァン)氏が公式ブログで解説しました。

SEO専門家のコメント

SEOコンサルタントのまとめ

品質評価についてのGoogleの公式記事です。
「品質評価ガイドライン」や「E-A-T」などはランキングシグナルでは無いですが、非常に重要なこと、ということです。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述