PR




[PR]ランサーズ

SEO

Google「コンテンツの正確さはランキング要因」

投稿日:2019年10月15日 更新日:

コンテンツSEO

Google「コンテンツの正確さはランキング要因」

Google:コンテンツの正確さはランキング要因

【Google翻訳】
Google:コンテンツの正確さはランキング要因

GoogleのGary Illyesは、PubConのステージで、コンテンツの正確性をランキング要素と見なすと述べました。 彼は、YMYLのために、コンテンツの正確さをランキング要素と考えていると述べました。 これは、GoogleのDanny Sullivanが、Googleがコンテンツの正確さを判断できないと言ってから1か月後です。

GoogleのGary Illyesがステージで言ったことをカバーするツイートは次のとおりです。

RT:Q:コンテンツの正確性はランキング要因ですか?
A:YMYLです#Pubcon

Q:コンテンツの正確性はランキング要因ですか?
A:「YMYLそうです。信頼できる信頼できる情報源を明らかにするために最大限努力します。そうです。」@ methode @jenstar #Pubcon

Googleはコンテンツの正確性を考慮していますか? YMYLのおかげで、はいと言います。 @methode #Pubcon

ダニーが1か月前に言ったことは次のとおりです。
■Danny Sullivan(ダニーサリバン)氏
「おめでとうございます!
今、私は非常に好奇心が強いので、これについて公式な言葉を見つけられないようです。試してみましょう。@ dannysullivan Googleはコンテンツ精度をどのように処理しますか? そして、そのプロセスはキーワードのランキングに織り込まれていますか? これは、一般的なコンセンサスの比較データ分析を通じて行われると思いました。」

『マシンはコンテンツの「正確さ」を伝えることができません。 代わりに、当社のシステムは、トピックおよび権限の関連性と一致する信号に依存しています。』

もちろん、ゲイリーとダニーはおそらく2つの異なることを話していて言及していますが、ちょっと...

ダニー・サリバンの応答は次のとおりです。

■Danny Sullivan(ダニーサリバン)氏
『コンテンツが正確かどうかはわかりません。
私たちはそれと一致すると信じるシグナルを探します。
@methodeが言ったとき、一般的に言って、正確なコンテンツを持っていることはランキング要素であり、それが正確であることがわかっているからではなく、信号と整合するからです。』

『また、精度がランキング要因ではないとは言いませんでした。 私が尋ねられたものではなかった。 コンテンツが正確であると伝えることができるかどうか尋ねられました。 いいえ、できません。 しかし、繰り返しますが、シグナル、正確性に対応すると考えられるものを探します。 その点で、正確なコンテンツを持っているいまいましい権利はランキング要因です....』

では、コンテンツの正確性をGoogleが判断できない場合、コンテンツの正確性はどのようにランキング要因になるのでしょうか?

ダニーはゲイリーと彼の話し方が違うことを説明しています。

■Danny Sullivan(ダニーサリバン)氏
『E-A-Tはランキング要因ですか? あなたが私たちが直接測定できるスピードのような技術的なものがあるという意味ではありません。
人間が評価するコンテンツがE-A-Tに一致するように見えるかどうかを判断するために、さまざまな信号をプロキシとして使用します。
その点で、ええ、それはランキング要因です。』

※2019/11/1追記

グーグル検索では正しい情報を上位表示する……ん? 情報の正しさは判断してないって言ってなかった?

「検索結果に出てくるページに書かれている情報が正しいかどうかを、グーグルは判断していない」

グーグル検索の広報役を担当するダニー・サリヴァン氏による発言だった。衝撃を受けた人もいるかもしれない。

ところが、米ラスベガスで先日開催されたPubconカンファレンスで、検索チームのゲイリー・イリェーシュ氏は、「グーグルでは、コンテンツの正確性はランキング要因か?」という同じような質問に対して次のようにコメントした(筆者もその場で聞いていた)。

『YMYL に関して言えば YES だ。評判がよく信頼できる情報源を上位表示するためなら、僕たちはどんなことでもやる。コンテンツの正確性はランキング要因だ。』

イリェーシュ氏の発言とサリヴァン氏の発言は食い違っている。いったいどちらが正しいのだろうか?

結論から言うと、次のとおりだろう。

『グーグルは、コンテンツごとに情報の正しさそのものを判断することはできていない。
しかし、評価されていて信頼性があるかサイトを優先することで、結果として正しい情報が検索結果に出るようにしている。』

【白石】
Googleはコンテンツ内容の真偽は判別できません。
しかし[E-A-T(専門性/権威性/信頼性)]を高める事が正確性を高めることにより正確性の向上になる。
このような改善はランキング要因として評価される、という事でしょうか…?

SEOコンサルタントのまとめ

Googleはサイトの情報がどれほど性格なのかを判断できません。
また、「この情報は正確です」とストレートにGoogleに伝える手段もありません。
そこでGoogleはE-A-Tなど様々な情報で正確性を判断すると思われます。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.