PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

【まとめ】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2020年2月7日)

投稿日:

JohnMueller

【SEO】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2020年2月7日)

2020年2月7日のGoogleウェブマスターハングアウトです。

Googleウェブマスターハングアウト

【Google翻訳】

手動審査中のページのクリーンアップと削除の取り組みについてGoogleに通知する

手動でレビュー中のページが多数あり、それらを削除するためにそれらの多くを削除する場合、ジョンは再審査リクエストでこれを言及することをお勧めします。 これは、再実行中のページをクリーンアップするための重要な手順を実行したことを示しています

GoogleがページURLのコンテンツを処理すると、重要度が低下します

URLに含まれる単語は、ページを理解するときにGoogleによって小さな要素として使用されますが、ページ上のコンテンツを処理して理解できるようになると、URLは重要な役割を果たしません。 これは、AMPページまたは従来のWebページであるかどうかにかかわらず、ページタイプに関係ありません。

T最終変更日を使用して、サイトに加えられた変更の階層を提供する

ジョンは、サイトに加えられた変更の明確な階層を提供するために、合理的な方法でサイトマップの最終変更日を使用することをお勧めします。 これにより、Googleはどのページが重要であるかを理解し、最初にクロールすることに集中できるようになります。

サイトに内部リンクの明確な階層を持たせることが重要です

内部リンクは、Googleがサイト上の個々のページのコンテキストを理解するための最良の方法であり、ホームページからページへのクリック数は、それがどのように適合するかを理解するのに役立ちます。 サイトのどの部分が一緒に属しているかを理解し、これが設定されたら、絶対クリック数はそれほど重要ではありません。

Google Discover Visibilityはアルゴリズムの更新の影響を受ける可能性があります

ジョンは、コアアルゴリズムの更新がGoogle Discoverの可視性に影響する可能性があることを確認しました。

非正規のページに含まれているものはすべて、インデックス作成の目的には使用されません

Googleがページの標準を選択すると、ページのセットがあることを理解しますが、標準ページのコンテンツとリンクにのみ焦点を合わせます。 非正規バージョンにのみ含まれているものは、インデックス作成の目的には使用されません。 それらのページにインデックスを作成したいコンテンツがある場合、ジョンはそれらが異なることを確認することをお勧めします。

インデックス作成用とユーザー用にページをレンダリングする場合、異なるレンダリングプロセスが使用されます

Googlebotは、インデックス作成に使用されるレンダリングされたDOMスナップショットを取得する特定の時間を持ちません。 主な理由は、ユーザーがページにアクセスするときと比較してインデックス作成のためのレンダリングのプロセスが異なるため、Googleがページをレンダリングする方法によるものです。 これにより、サイト上の要素が異なる方法で処理され、インデックス作成のためにページをレンダリングするのに時間がかかる場合があります。

手動でアクションを実行している場合、GSCは引き続きページをインデックス付きで表示します

手動でのアクションまたはURLの削除が行われている場合、Search ConsoleのURL検査ツールは引き続きページをインデックス付きとして表示しますが、検索結果には表示されません。 これは、手動によるアクションとURLの削除が検索結果の上で行われるフィルターであるため、ページのインデックスを作成することはできますが表示されないためです。

SEOコンサルタントのまとめ

●Googleがページのコンテンツを理解できるようになるとURLのキーワードは重要でなくなる。
●サイトマップの最終変更日でサイトに加えられた変更の明確な階層を伝えよう。
●内部リンクは、Googleがサイト上の個々のページのコンテキストを理解するための最良の方法だ。
●コアアルゴリズムの更新がGoogle Discoverの可視性に影響する可能性がある。
●手動ペナルティ審査中はページ削除などの報告をした方が良い。
⇒というより、きちんと説明しなければペナルティ解除されません。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述