PR




[PR]ランサーズ

SEO SEO用語集

新しい用語『Google Babyアルゴリズム』

投稿日:2019年10月15日 更新日:

LPOって

新しい用語『Google Babyアルゴリズム』

新しい用語:Google Babyアルゴリズム

New Term: Google Baby Algorithms[Search Engine Roundtable]

【Google翻訳】
新しい用語:Google Babyアルゴリズム

GoogleのGary Illyesが用語を捨てて、彼は作り上げた。Googleはそれを内部的には使用していないと彼は言った、「ベビーアルゴリズム」と呼ばれる。 この用語に関する彼のポイントは、SEOがEATを言うとき、EATアルゴリズムはないということです。 むしろ、EATの一部を解釈する可能性のある多くの信号を調べる多くのアルゴリズムがあり、それらをベイビーアルゴリズムと呼びます。

そのため、ベイビーアルゴリズムという名前はゲイリーによって作られました。

ゲイリーは#Pubconで#BabyAlgorithmsという用語を発明しました。したがって、@ WTFSEOには#DiaperDisavows #TalcTrackingおよび#PacifierPagesに関する少なくとも3つの記事があると思います。

Q:アルゴリズムの更新前にクロールが増加しますか?@methode:「これもまた「依存する」答えです。」#Pubcon
「おそらく何百万もの赤ちゃんのアルゴリズムがあり、それらは異なる動作をします。特定のサイトでより多くのクロールを引き起こす何かをするかもしれません。それはアルゴリズムとそれが何をしようとしているかにのみ依存します。」 #パブコン

これについてはもう少し詳しく説明しますが、今のところ、ゲイリーはベビーアルゴリズムと呼ばれる用語を作り出しました。 しかし、私を信じて、それらの赤ちゃんのアルゴリズムのいくつかは意地悪です。 🙂

E-A-TスコアもYMYLスコアもGoogle検索には存在しない、コアアルゴリズムはベイビーアルゴリズムの集合体

アルゴリズムはいくつものコードで構成されています。
その中で最小の働きを持つ 1 行のコードは言わば “Baby Algorithm”(赤ちゃんアルゴリズム)であり、コア アルゴリズムは何百万という Baby Algorithm の集合体で構成されています。
Baby Algorithm が一体となってシグナルを見つけ、ランキングを決定します。

SEOコンサルタントのまとめ

新しいSEO用語『Babyアルゴリズム』(『ベビーアルゴリズム』)です。
意味としては通常のアルゴリズムのさらに下にあるアルゴリズム、という意味でしょうか??

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO, SEO用語集
-,

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述