PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

記事への信頼のための署名記事の重要性に関するGoogle

投稿日:2021年9月21日 更新日:

記事への信頼のための署名記事の重要性に関するグーグル

【Google翻訳】
Lily Rayは、GoogleのJohn Muellerに、嫌がらせや悪化を恐れてコンテンツの作成者が自分の名前をコンテンツに付けたくない場合はどうすればよいかを尋ねました。 著者の署名記事をオフのままにするか、ランキングの観点からそのページを傷つけるか。

これがリリーの質問です。信じているコンテンツに自分の名前を付けることを恐れている人がいるのを見るのは悲しいことです。しかし、これは私たちが住んでいる世界です。

クライアントから何度も質問されたので、@ JohnMuへの次の質問:
著者を危険にさらす場合、出版社は著者名と経歴の公開に関連するE-A-Tのベストプラクティスをどのように処理する必要がありますか?
一部の著者は殺害の脅迫を受け、匿名で公開することを好みます。



ジョンは、ユーザーがそれをより信頼するので、記事に著者の署名を付けることが基本的に最善であると答えましたが、あなたはあなたがしなければならないことをすることができます。
■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
著者名を追加する必要はありませんが、それは良い習慣です。 すべてのコンテンツに対してそれを行うことができない場合は、そうしてください。 どのコンテンツに対してもそれができず、基本的にすべて「私たちを信頼する」のであれば、ユーザーがそれをどのように扱うべきかわかりません。

作者がそれらを保護するためのエイリアスを作成する人もいるかもしれませんが、それは信頼をもって助けたり傷つけたりしますか?

コンテンツ著者の名前を書かないとSEOにマイナスか?

WordPressテーマ変更でSEOに影響する5つのポイント【SEO情報まとめ】[Web担当者Forum]

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
著者の名前を追加することは、必須ではないが、推奨されるやり方だ。著者名を記載しているコンテンツと記載していないコンテンツがあるならば、そのままでいい。
しかし、どのコンテンツにも著者名を記載しないならば、それは「私たちを信頼してください(根拠はないけど)」とお願いするようなものだ。ユーザーがどのように反応するかは、私にはわからない。

SEOコンサルタントのまとめ

質問:攻撃されるのを避けたいので記事に署名をつけたくない場合があります。

■Google ジョン・ミューラー氏
著者名を追加する必要はありませんが、記名良い習慣です。全てのコンテンツに対して行うことができない場合は、そうしてください。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述