PR




[PR]ランサーズ

SEO

Search ConsoleのURLパラメータ設定は「rel="canonical"」より強い指示

投稿日:

Search ConsoleのURLパラメータ設定は「rel="canonical"」より強い指示

Search ConsoleのURLパラメータ設定についての記事です。

Search ConsoleのURLパラメータ設定はrel="canonical"よりも強し

Search Consoleで指定できる、さまざまなURLパラメータをグーグルがどう扱うかの設定に関して、グーグルのジョン・ミューラー氏は次のように説明した。

robots.txtとは異なり、URLパラメータは「命令」というわけではないが、「かなり強い指示」として扱われる。
たとえば、rel="canonical"で正規化された先のURLが、URLパラメータによってインデックスしないように設定されていたとする。その場合、グーグルはインデックスしない。若干のタイムラグがあるかもしれないが、最終的にはそうなるはずだ。
URLパラメータはrel="canonical"よりも強い指示だ。

rel="canonical"は優先的にインデックスさせるURLを指定する。しかし、アクセスしたURLにパラメータが含まれていて、そのURLパラメータがある場合にはクロールしないように設定されていたら、Googlebotはクロールしない。そのため、(rel="canonical"が記述されていたとしても)インデックスもしなくなる。
rel="canonical"も比較的強いシグナルとしてグーグルは扱うのだが、URLパラメータはそれよりもさらに強いようだ。矛盾した場合にはURLパラメータの設定が優先される。

Search ConsoleでのURLパラメータの設定は、(設定画面にも表示されているように)予期せぬ動作にならないように慎重に構成しよう。少しでも自信がないのであれば、自分で設定するのではなくわかっている人に頼むべきだ。

English Google Webmaster Central office-hours hangout

SEOコンサルタントの感想

通常はcanonicalの設定をきちんとしていれば問題無いと思います。

SEOまんが

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第3話『内部リンクとユーザビリティ』
SEOまんが3話-タイトル
「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第3話『内部リンクとユーザビリティ』

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』
【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第1話『SEO・内部対策をしよう!』

SEO関連著書

【本の情報】
■出版社:宝島社
■タイトル:『DeNAと万引きメディアの大罪』
■ページ: 240ページ
■著者:別冊宝島編集部 (編集)
※白石竜次は寄稿

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.