PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

「カニバリゼーションで順位が下がった」はだいたい思い込み

投稿日:

カニバリゼーションで順位が下がった ⇐ だいたい思い込み

①や©などの環境依存文字はHTMLでは文字参照にする ―― そんなルールはもう不要!【SEO情報まとめ】[Web担当者Forum]

「カニバリゼーション」というSEO俗語がある。これは、「同じキーワードに関連したページがサイト内に複数あることが原因で、想定したページが上位表示しなかったり、どのページの順位も芳しくなかったりする状況」を表すものだ(“Cannibalization” は「共食い」の意)。

そのカニバリゼーションに関連した相談をグーグルのジョン・ミューラー氏に持ちかけたサイト管理者がいた:

「カニバリゼーションを起こしていたブログを削除しました。

メインページが検索結果に戻ってきたのですが、ターゲットのキーワードでは7ページ目です。以前は1ページ目でした。ほかの関連するキーワードではすべて1ページ目です。待つしかないのでしょうか?」

ミューラー氏は次のように指摘した:

「カニバリゼーションが問題ではないように思える。

カニバリゼーションがランキング下落の原因になったとどうやって判断したんだろう ―― カニバリゼーションがはっきりと目に見えるようなことが起こっていたなら驚きだ。」
カニバリゼーションが問題ではないように思える。

ミューラー氏は「どうやって判断したんだろう」と疑問形で表現しているが、これは「そんなことは起きない」という否定をやわらかく言っているだけだろう。

ともすると反論を受けそうだが、筆者もカニバリゼーションなるものがグーグル検索に本当に存在するのか懐疑的だ。キーワードに関連するページがサイト内に複数あるなら、複数のページが検索結果に出てくることすらある。

SEOコンサルタントのまとめ

質問:カニバリゼーションを起こしていたブログを削除しました。メインページが検索結果に戻ってきたのですが、ターゲットのキーワードでは7ページ目です。以前は1ページ目でした。

■Google ジョン・ミューラー氏
カニバリゼーションが問題ではないように思える。
カニバリゼーションがランキング下落の原因になったとどうやって判断したんだろう
カニバリゼーションがはっきりと目に見えるようなことが起こっていたなら驚きだ。

▼「カニバリゼーション」…「同じキーワードに関連したページがサイト内に複数ある」
ことにより順位が下がるという意見がありますが、
実はそんなことは無いのではないか?
という意見が出ていますね。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2022 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述