PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

Google「著者名を無作為に変更しないでください。著者の注釈と更新されたコンテンツを使用してください。新しい著者を使用してください」

投稿日:

Google: 著者名を無作為に変更しないでください。著者の注釈と更新されたコンテンツを使用してください。新しい著者を使用してください。

Google: Don't Randomly Change The Author Name, Use Author Annotations & Updated Content Use New Author[Search Engine Roundtable]

【Google翻訳】
Google の John Mueller は、著者名の変更が記事に与える影響について尋ねられました。 John は質問に答えて、(1) 著者の注釈を使用する、(2) 書き直されたコンテンツでは新しい著者の名前を使用する、(3) 著者名を無作為に変更しない、という 3 つのアドバイスを与えました。

これは Mastodon に投稿されたもので、「既存の記事の著者プロファイルを変更すると、SEO に影響する可能性がありますか? 著者の名前とすべてを変更したい」という質問がありました。

ジョンはイエスともノーとも言いませんでしたが、彼はこう答えました。 誰の役にも立ちません。」

つまり、真剣に、そのコンテンツを書いた著者の名前を使用してください. なぜGoogleをだまそうとするのですか? なぜゲームをするのですか? ここで何が欠けていますか?

その人がそのコンテンツを書いたのではないのに、なぜ他の人に作者の名前を変更するのですか? その新しい人がコンテンツの一部を大幅に更新した場合にのみ、それを変更してください。

Google 検索ランキングを失うことを恐れて著者を更新することが理にかなっているときは、著者を更新しないとは言わないでください

SEOコンサルタントのまとめ

Googleは著者名について、真面目にそのコンテンツを書いた著者の名前を使用してください、と言っています。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2022 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述