Google検索で「スピードテスト」と入力して速度テストが実行可能に

Google検索で「スピードテスト」

Google検索で「スピードテスト」と入力して速度テストが実行可能に

GoogleでKW「スピードテスト」と入力すると、検索結果の画面で速度テストが実行できるようになりました。

【Tips】Google検索にスピードテスト(通信速度計測)機能[iPhone Mania]
計測時間は30秒程度で、この間に現在のネット接続でやりとりできるデータ量をはかることで、通信速度を算定しています。テストに使用するデータ量は、現在の接続の速さ、またテストを実行している場所に応じて異なる仕組みで、例えばアメリカ国内の場合は9.4MBのデータ量ですが、アメリカ以外では約4.4MBとしています。

Google検索のスピードテスト機能は、最大700Mbpsまでの速度を計測できます。700Mbps以上の速度の場合、同機能での測定結果は実際の速度よりも低い結果になる可能性があります。

インターネットの速度をテストする
インターネット速度テストでは、ダウンロード速度やアップロード速度など、インターネット接続の速度を測定します。

Google では、Measurement Lab(M-Lab)と提携してこのテストを実施しています。

Google 検索 ヘルプ より)

テストの結果について
インターネット速度テストは、現在の接続のダウンロード速度、アップロード速度、待ち時間を測定します。最適なインターネット接続では、ダウンロードやアップロードが速く、待ち時間が短くなります。

ダウンロード速度とは、情報が伝送されてくる速さを表すものです。この速度は、大きなファイルのダウンロードや、大量の画像が含まれるウェブページの表示にかかる時間に影響します。ダウンロード速度は 1 秒あたりのメガビット数(Mbps)で測定されます。
アップロード速度とは、情報を送信する速さを表すものです。この速度は、ソーシャル メディアに画像を投稿するときにかかる時間などに影響します。アップロード速度は 1 秒あたりのメガビット数(Mbps)で測定されます。
待ち時間とは、サーバーからの応答を受け取る速さを表すものです。応答時間が短いことは、ビデオハングアウトやオンライン ゲームのようなリアルタイムのアプリで重要になります。待ち時間はミリ秒(ms)で測定されます。
注: 現在のところ、テストで測定できる接続速度は最大 700 Mbps までです。接続速度が 700 Mbps を超えている場合、テスト結果の値は実際の速度よりも低い可能性があります。

テスト結果が変わる原因
テストの結果は、短期間のうちに変わることがあります。また、他のインターネット速度テストの結果と異なる場合もあります。結果に違いや変化が生じるのには、次のようなさまざまな理由が考えられます。

ネットワークの状態の変化
テスト用のサーバーがある場所の違い
テスト方法の違い
Google 検索 ヘルプ より)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google検索で「スピードテスト」と入力して速度テストを実行

1:GoogleでKW「スピードテスト」と入力します。
2:速度テストが一番上に表示されます。「速度テスト実行」をクリック。
Google検索で「スピードテスト」
3:インターネット速度テスト実行中
インターネット速度テスト実行中
4:インターネット速度テストの結果が表示されます。
インターネット速度テストの結果が表示

Googleのスピードテスト

PageSpeed Insights
PageSpeed Insights

SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク