PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEOリンク SEO用語集

検索意図を調べられる!検索意図ツール『LSI Graph』

投稿日:

2-検索意図ツール「LSI-Graph」-1

検索意図を調べられる!検索意図ツール『LSI Graph』

検索意図ツール「LSI Graph」を紹介します。

検索意図ツール「LSI Graph」とは?

現在のSEOでは「良いコンテンツ」を作ることが必要とされますが、その「良いコンテンツ」というものの要因の一つに
『ユーザーの検索意図』を踏まえたコンテンツ、というものがあります。
ユーザーが検索した時に、ユーザーが出してほしい情報を提示しているサイト、ページをGoogleが評価し、検索結果の上位に表示させるのです。
では、『ユーザーの検索意図』はどうやって理解すればよいのでしょうか?
そんな時に役立つのが「LSI Graph」です。
「LSI Graph」は、ユーザーの検索意図を教えてくれるツールなのです。

検索意図ツール「LSI Graph」

LSIキーワードとは?使用方法

【Google翻訳】
LSIキーワードとは何か、およびそれを効果的に使用する方法

SEOでのLSIキーワードの重要性を理解した上で、LSIキーワードと、コンテンツでそれらを効果的に使用する方法について知っておく必要があるすべてを共有します。

検索エンジンと人間のためにコンテンツを最適化しようとしている場合、この記事は特にあなたのために書かれています。

1:LSIキーワードとは

潜在セマンティックインデックス(LSI)キーワードは、基本的に、検索クエリで使用されるメインのキーワードに意味的に関連するキーワードです。 これらのLSIキーワードはメインキーワードを補足し、検索エンジンとユーザーにより強力なコンテキスト情報を提供するヘルパーとして機能します。 ただし、上記のキーワードまたは同義のキーワードの同義語であることを意図したものではありません。

つまり、LSIキーワードは、主要なキーワードとの相関(関連性)が高いキーワード(または語句)です。
潜在的なセマンティックインデックスは、情報検索の精度を高めるために、1980年代後半に数学的な方法として最初に開発されました。 次に、LSIテクノロジーは、テキストのさまざまな格付けおよび分析に広く実装され、ユーザーのクエリに応じてテキストの意味を明らかにします。

主なキーワードにコンテキストを提供するこれらの付随する単語は、GoogleがLSIキーワードとして理解し、正しい意味を決定するものです。

Googleがコンテンツをよりよく理解できれば、ランキングは高くなります。

2:なぜLSIキーワードはSEOにとって重要なのですか?

2019年には、トピックのLSIキーワードの使用法を理解して実装することが重要です。それらをコンテンツに戦略的に統合することで、SEOを支援し、Webサイトに競争上の優位性を提供します。

そのメリットと、なぜ今日のSEOにとってこのような重要な側面があるのかを見てみましょう。

1:Googleアルゴリズムがコンテンツの品質と検索用語との関連性を判断するのに役立ちます

LSIキーワードは、トピックに対するより強力なコンテキスト情報と意味を補足します。したがって、意味的に関連する検索フレーズをページのSEOコピーに含めることにより、ページ、会社、製品、およびサービスを検索エンジンがよりよく理解できるようになります。

さらに、Googleは、ユーザーが検索したものと検索結果で見つかったものとの一致を改善することもできます。 LSIは十分に真実であり、検索者が検索対象だけでなく、検索対象を見つけられるように設計されています。

これまで以上に、トピックはキーワードを詰め込むだけでなく、検索エンジンの結果を構築します。 LSIキーワードに与えられたすべての認識により、Webサイトの所有者とその検索エンジン最適化スペシャリストは、高品質のコンテンツを作成および維持することができます。

結局のところ、グーグルはあなたのウェブサイトの訪問者も幸せになります。高品質のコンテンツは、目標到達プロセスに入るとリードを維持し、コンバージョン率を高めます。

2:LSIキーワードは、キーワード密度よりも重みが大きい

キーワード密度とは、記述されたコンテンツでキーワードが出現する回数であり、パーセンテージで測定されます。グーグルがすべて気にかけたのは、ページをランク付けするためのキーワード密度でした。つまり、コンテンツに追加するキーワードが多ければ多いほど(関連性があるかどうかにかかわらず)、上位にランクされます。

ご存じのとおり、「キーワードスタッフィング」と呼ばれる方法はマーケティング担当者によってすぐに習得され、間もなく恐ろしいスパムが送信されました。繰り返し使用するキーワードを使用すると、ページがペナルティを受ける危険性があります。 LSIキーワードを使用すると、罰せられることを心配することなく、密接に関連する単語を安全に追加できます。

したがって、それらを効果的に使用するには、コンテンツの本文全体にそれらを広げ、常にそれが自然に聞こえるか、または読者にとって理にかなっていることを確認してください。

これもキーワードの最適化を回避するための完璧なソリューションです。 Googleは、ユーザーにとって最も適切なコンテンツを特定して分類するために、アルゴリズムを常にアップグレードしているのを見てきました。ゆっくり確実に、Googleがキーワード密度をウェブサイトの主要なランキング要素として削除することで、LSIキーワードが今日まで勝利を収めることが見込まれます。

3:コンテンツ内の他のキーワードを強化するLSIキーワード

新しいウェブサイトを作成したり記事を書いたりするとき、キーワードはSEOの部分で主な役割を果たします。 ご存知のとおり、3つのキーワードクラス(プライマリ、セカンダリ、ターシャリ)はすべて、オーガニックトラフィックをWebサイトに誘導するのに役立ちます。

また、キーワードにより多くのコンテキストを追加して、検索により関連性の高い結果を見つけやすくします。 Googleは、単一のキーワードだけでなく、キーワードのカテゴリとWebサイトとの関連性の構築に熱心に取り組んでいます。 理想的には、コンテンツに他の関連用語が含まれていると、ロングテールキーワードを何度も繰り返すよりも、ランク付けされる可能性が高くなります。

つまり、LSIキーワードは、コンテンツで使用されるプライマリ、セカンダリ、ターシャリキーワードの補足として機能します。 これを実装することで、コンテキストと、トピックとのコンテンツの意味的関係をさらに強化できます。

検索意図ツール「LSI Graph」を使ってみた

では、早速検索意図ツール「LSI Graph」を使ってみます。

サイトは英語です。
そして、様々なSEOツールと同様に「有料プラン」があります。
しかしいきなり有料プランに入るのは避けたいのでまずは無料での利用。

▼検索窓にキーワードを入れます。
キーワードを何にしようかと思いましたが、「検索意図」の話の時に度々例に出す『ワンピース』にしてみました。

▼「GENERATE」をクリック。
▼検索結果が表示されました。

▼こんな表示が出ています。。『ワンピース』のデータは無いようです。

「LSIキーワードが見つかりません。
LSIキーワードは、意味的に生成されたキーワードです。
キーワードの人気度によっては、一部のキーワードには、LSIキーワードを入力するのに十分なデータがない場合があります。」
▼それならば、と
『one piece』でやってみました。
▼LSIキーワードが出ました!
▼項目は「LSIキーワード」「Trend」「volume」「CPC」「Comp」「LSV」とあります。
ここに出ている「LSIキーワード」を考慮して記事を書く、という事ですね。

検索意図ツール「LSI Graph」の注意点

【注意点】

★無料版は1日3回までの上限があります。
このような表示があります。

「1日の制限に達しました
おっと! 1日の上限に達したようです。
私たちはあなたにもっと多くのLSIキーワードを与えたいと思いますが、私たちはまずあなたが人類を支配しようとしているロボットの異星人でないことを確認しなければなりません!
あなたが誰であるか教えてください、そして毎日最大8つの分析を楽しんでください。」
★どうやら「日本語」には対応していないようです。
今回、「日本」で検索してもダメでした。
ただ調べたら「有料プランでは日本語対応」という情報もあります。
今後情報が入りましたら追記します。

SEOコンサルタントのまとめ

取り急ぎ、英語のワードを調べたい時は1日3ワード無料で調べられるのでお勧めです。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEOリンク, SEO用語集

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述