PR




[PR]ランサーズ

SEO

「ゼロクリック検索」…Google検索の50%以上がクリックなしで終了している!

更新日:

「ゼロクリック検索」…Google検索の50%以上がクリックなしで終了している!

現在、Google検索の50%以上が他のコンテンツへのクリックなしで終了しています

【Google翻訳】
現在、Google検索の50%以上が他のコンテンツへのクリックなしで終了しています

ゼロクリック検索は、6月に史上最高を記録しました。

「ゼロクリック検索…。 SparkToroの創設者であるRand Fishkin氏は、火曜日にリリースされたGoogleクリックストリームデータ調査の最新の調査結果についてコメントしました。 Jumpshotが提供する更新データでは、6月に初めて、大多数の検索(50.33%)がオーガニック検索結果または有料検索結果をクリックせずに終了したことがわかりました。

安定した上昇傾向。 Google以外の人にGoogleの検索トラフィックがどれだけ残っているかを見ると、今年の夏に公開されたFishkinの最初の調査では、2019年第1四半期の検索の49%がゼロクリックであり、 2016年の第1四半期。ゼロクリックおよび有料検索の成長の大部分は、全体的な検索ボリュームが最も高いモバイルで発生したことに注目しました。

この更新には、2019年の第2四半期のデータが含まれており、Google検索の49.76%がクリックなしで終了しました。 6月には、その数値は50%を超えました。つまり、ユーザーが結果をクリックすることなく、ほとんどのGoogle検索が検索結果ページで終了しました。

反競争的行動?この調査では、米国のすべての検索の94%がGoogleの施設(画像、YouTube、マップを含む)で行われていると推定しています。 「それは彼らを検索の明確な独占にします」とフィッシュキンは書きました。フィッシュキンはニューヨーク市で11月13日にSMX Eastで基調講演でこれらの傾向について議論します。

クリックなしで終了するGoogle検索の数はこれまで以上に増えていますが、Googleは、検索者の比較的一貫した部分を、アルファベットが所有する他の施設に送り続けています。

有料検索はどうですか? 「有料の検索CTRはおそらく今後数か月で低下すると思います」とFishkinは水曜日にSearch Engine Landに語りました。 「これは、歴史的に、Googleが検索結果での有料広告の表示方法を変更するたびに(5月下旬のモバイルSERPの黒い「広告」ラベルへの移行など)、広告に慣れるにつれて広告CTRが上昇し、その後徐々に低下するためです広告盲目をフォーマットし、開発します。」

検索者が有料広告に賢明になると、オーガニック検索結果へのクリックが増える可能性があるとフィッシュキンは言いました。また、Googleは検索者に広告をクリックさせる新しい方法を作成する場合があります。

ゼロクリック検索は、必ずしも機会がゼロというわけではありません。 「広告の大きな目標は常に、認知度を高め、露出を増やし、情報を共有することでした」とフィッシュキン氏は述べ、SEOがまだ利用できる機会を指摘しています。

「Googleの検索結果に表示される豊富な情報は、広告看板やプレスの言及など、ウェブサイトのトラフィックよりも追跡が難しいかもしれませんが、それでもブランド名を視聴者にさらし、親しみを深め、情報を共有しています。私の意見では、クリックしなくても、このタイプのSERP露出から利益を得る方法を見つけるブランドは、この新しい形のオンSERP SEOで勝つものになるでしょう。

なぜ気にする必要があるのか​​。ゼロクリック検索の割合は長年にわたって増加しており、ユーザーがページをクリックすることなく終了する検索が多いほど、ブランドとパブリッシャーが独自のオーディエンスを開発する必要があるトラフィックとマーケティング機会が少なくなります。

SEOコンサルタントのまとめ

ゼロクリック検索という言葉があるんですね。。。

[広告]おすすめ記事

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

[PR]サクラサクLABO

SEOコンサルタント
[PR]SEOコンサルティングサービス - サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.