PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

「強調スニペット」とは?…SERPの23%に出現!

投稿日:

SEOの効果

「強調スニペット」とは?…SERPの23%に出現!

[Web担当者Forum]の記事の感想です。

強調スニペット(SERPの23%に出現!)について、あなたが知っておくべきポイントと狙い方

強調スニペットとは

強調スニペットとは要するに、「検索しているものに関係する情報を、ウェブサイトから引用して提供してくれるもの」だ。

「強調スニペット」と「アンサーボックス」を混同してはいけない。アンサーボックスは、答えだけでサイトからの引用がない。「2月は何日間あるか」を検索すると、グーグルはおそらく「28日」と答えるだけで、どこかのサイトの内容を引用したりしない。これはアンサーボックスであり強調スニペットではない。

【白石】
「強調スニペット」は検索結果の上に表示され、あるサイトの引用が表示される機能。
「アンサーボックス」はGoogleが回答を表示させる機能で、サイトからの引用ではない。

SERP全体の23%に強調スニペットがある

SERP全体の23%に強調スニペットがあることがわかっている。これはすごい。2016年から165%以上の増加だ。

強調スニペットは大きく5種類に分かれる

●文章
●リスト
●表
●動画
●アコーディオン

最もよく見かけるのは文章とリストだ。リストは番号ありと番号なしに分けられる。
しかし、表と動画も目にする。動画がおもしろいのは、答えを得るために見る必要があるだろう部分だけが表示される点だ。検索者にとって関心の高い部分だけ見せてくれる。
最近はアコーディオン形式の強調スニペットも見かけるようになったが、これがテスト中なのか、正式にリリースされるものなのかはよくわからない。アコーディオン型は「他の人はこちらも質問(People Also Ask、PAA)」ボックスにとてもよく似ており、クリックして展開すると、さらに多くの強調スニペットが表示される。とても魅力的だ。

特に多い強調スニペットは文章(50%)とリスト(37%)

●文章…50%
●リスト…37%
●表…9%
●動画…1.7%
●アコーディオン…1.8%

強調スニペットの半分がカルーセルを構成している

興味深いのは、強調スニペット全体の半分がカルーセルを構成している点だ。われわれがカルーセルと言っているのは、強調スニペットの下部にこの図のような丸いボタン形のオプションがあるものを指している。
これは「comfortable shoes」(履き心地のよい靴)を検索した結果だったと思うが、そうした検索をすると、次のような丸いカルーセルボタンのオプションが表示される。
「for women」(女性向け)
「for work」(仕事向け)
「stylish」(おしゃれ)
このボタンをクリックするとどうなるのかというと、強調スニペットが再調整されてクリックした内容に切り替わる。強調スニペットが絞り込まれていくわけだ。

【白石】
「ジャージ」で検索すると、検索結果に「ジャージ の画像検索結果」が表示され
「レディース」「メンズ」「プーマ」「アディダス」と丸いポタンが表示されます。
このようなものでしょうか。

強調スニペットのある検索結果の93.8%に「People Also Ask」ボックスもある

また、強調スニペットがある検索結果の93.8%には「他の人はこちらも質問(People Also Ask)」ボックスもあることがわかっている。

つまり、強調スニペットがあればほぼ常に「他の人はこちらも質問」ボックスもあるということで、これは注目に値する。「他の人はこちらも質問」ボックスの質問からはいいデータが大量に入手でき、キーワード調査のきっかけとなる。また、人々が何を探しているのかについて理解を深められる。

たとえば、さきほど挙げたクロックスに関連したものでは「Are Crocs supposed to be worn with socks?」(クロックスには靴下を合わせるものなのか?)という「他の人はこちらも質問」があった。これはとても重要な質問だ。こうしたものを理解する必要がある。

【白石】
コンテンツ作成のヒントとして、「質問に答えるコンテンツ」もひとつのアイデアですね。「よくある質問」だけではなく、ユーザーの疑問に答えるコンテンツです。

情報サイトが優勢

強調スニペットの獲得競争では、金融情報や教育情報を提供しているサイトが非常に優勢だ。この点も心に留めておこう。

強調スニペットを獲得するには

1. 強調スニペットが表示されるキーワードのうち、自分のサイトがSERPの1ページ目に入っているものを知る
ステップ1は、強調スニペットが表示されるキーワードで、自分のサイトがすでに上位であるものの把握だ。

2. 検索者の意図を把握する
ステップ2は、検索者の意図の把握だ。

たとえば「Halloween costume DIY」(ハロウィン衣装の自作)というキーワードで検索上位を狙っているとする。まずは、そのキーワードで実際にGoogle検索して検索結果を眺めてみよう。

そのキーワードで検索した結果が動画や画像など非常に視覚的なコンテンツばかりならば、そうした意図を踏まえて、対抗できる視覚的なコンテンツを提供する必要がある。

検索結果ページにそうしたもの多く表示されている場合、この検索の背後には、「どんなものなのか見たい」「見て手がかりにしたい」という意図があるとグーグルが判断しているのだろうと判断できる。

「検索意図」の把握は、検索結果の上位を獲得するのに重要だ。動揺に強調スニペットを獲得したい場合にも、コンテンツの制作においては「意図」の把握が重要だ。

【白石】
強調スニペットだけではなく、実際に検索して競合サイトを見たり「検索意図の把握」は大事ですね。

3. 簡潔な答えとコンテンツを提供する

ステップ3では、そうした検索意図に応える簡潔な答えとコンテンツを提供する。
不要な言葉は取り除こう。強調スニペットにおいてグーグルは短くて簡潔な情報を提供することがわかっている。音声検索結果は特にそうだ。それこそが進むべき方向であり、わたしも強くすすめている。

【白石】
そして「検索意図」に答えるコンテンツを作成する。現在の王道SEOですね。

4.強調スニペットを狙っているキーワードをモニターする
ステップ4は、強調スニペットを狙っているキーワードをモニターすることだ(積極的に狙っているものであれ、すでに獲得しているものであれ)。

プロ向けのコツ:要約を追加する

ロ向けのコツとして、特に人気ページのあるページには、冒頭に要約を追加しよう。

※Web担編注: 英語圏では「TL;DR」つまり「長すぎる文章は読まない」という表現で、そうした人向けの要約を付ける文化がある。ここで言っているのは、そうしたものを付けるということだ。

自分のサイトで特に人が集まるコンテンツはすでにわかっているし、コンバージョンがいちばんいいコンテンツもおそらくわかっているだろう。

そうしたページそれぞれにおいて、「要約」や「厳選ポイント」といったコンテンツを、ページのいちばん上でもいちばん下でもいいので追加しておく。そうすれば、あらゆる種類の強調スニペットで評価される可能性が出てくる。

簡単に試してテストできる実にすばらしい方法だ。

【白石】
「記事の先頭にまず要約を入れる」というのは、Webライティングのテクニックですよね。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述