PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Google「E-A-Tはランキング要因ではない」

投稿日:

コンテンツSEO

Google「E-A-Tはランキング要因ではない」

E-A-Tはランキング要因なのか? Googleが公式ブログに追記

Googleは、昨年 8 月に公開したコア アップデートの解説記事に E-A-T がランキング要因ではないという補足を今年の 3 月に追記していました。

『注釈 (2020 年 3 月): この投稿を最初に書いて以来、E-A-T がランキング要因なのかどうかを折に触れて尋ねられました。
自動化された私たちのシステムは、優れたコンテンツを上位表示するためにいくつものさまざまなシグナルを組み合わせて使っています。E-A-T の基準に従って人間がコンテンツを評価する際に優れたコンテンツであることに人間が同意するであろうものに沿うように、こうした組み合わせを私たちのシステムは利用します。
こうしたことを考慮すると、E-A-T の基準の観点からあなた自身のコンテンツを評価することは、自動化された私たちのシステムがコンテンツを上位表示するために使っているさまざまなシグナルにあなたのコンテンツが概念的に沿う手助けになるかもしれません。』

●E-A-T そのものはランキング要因ではない
●E-A-T を備えていると人間がみなすであろうコンテンツをいくつものシグナルを用いて判断している
●E-A-T の基準に従って自分のコンテンツを評価することは、Google のアルゴリズムが E-A-T があるとみなすコンテンツに近づくようにするための役に立つかもしれない

グーグル再び:EATはアルゴリズムではありませんが、ランキング要因と一致することを願っています

2月、ダニーサリバン氏は、Googleの「システムはEATを求めていない」と語った。 「多くの異なるシグナルがあり、私たちがそれを正しく理解すれば、人間の優れたEAT評価がどうなるかと整合する」と彼は付け加えた。 3月には、Marie Haynes氏の素晴らしい発見があり、Googleは「ウェブマスターがGoogleのコアアップデートについて知っておくべきこと」に関する投稿を更新しました。

Googleがそのブログ投稿に追加したものは次のとおりです。

『注(2020年3月):この投稿は最初に作成したため、E-A-Tがランキング要素であるかどうかをたまに尋ねられました。 私たちの自動システムは、多くの異なる信号の組み合わせを使用して、優れたコンテンツをランク付けします。 E-A-T基準に従って評価するので、このミックスが人間が同意するものは素晴らしいコンテンツに一致するようにしようとしました。 これを踏まえて、E-A-T基準の観点から独自のコンテンツを評価すると、自動化システムがコンテンツのランク付けに使用するさまざまな信号と概念的に一致させるのに役立つ場合があります。』

これを注意深く読んだ場合、GoogleはE-A-Tがランキングアルゴリズムに直接含まれていないことを明確に述べていますが、Googleは概念的にEATに一致する可能性があるさまざまな信号(EATではなく異なる信号)を使用しています。

これは目新しいものではありませんが、Googleは先月、しばらく前にそのブログ投稿を更新しました。

E-A-Tはランキング要素ですか? Gがコアの更新に関するドキュメントにこれを追加したことに気づきました。
QRGで説明されているようにE-A-Tを評価することで、コンテンツを「概念的に、[Googleの]自動化システムがコンテンツのランク付けに使用するさまざまなシグナルに合わせる」ことができます。

2月のダニーのツイートは次のとおりです。

■Danny Sullivan(ダニーサリバン)氏(@dannysullivan)
それで、「EATを探している」とき、それは何を探しているのですか? 最終的には、いくつかのデータ測定が必要です。

私たちのシステムはEATを探していません。 私たちの評価者は、これを使用して、システムが適切に機能しているかどうかを確認し、優れた情報を表示しています。 私たちがそれを正しく理解すれば、優れた人間のEAT評価がどうなるかと一致する多くの異なるシグナルがあります。 以下も参照してください。

Google Webmaster Central Blog

What webmasters should know about Google’s core updates

SEOコンサルタントのまとめ

SEOコンサルタント白石(パンダ)
SEOコンサルタント白石(パンダ)
「E-A-T そのものはランキング要因ではない」わけなんですけど、
1:「E-A-T」を改善する
2:ユーザーが多く利用する
3:被リンクやサイテーションで評価される
4:ランキングで評価される
という事はありますので間接的には関係しますよね。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述