PR




[PR]ランサーズ

SEO

Googleが検索品質評価ガイドラインを更新!【まとめ】

更新日:

【SEO】Googleが検索品質評価ガイドラインを更新!【まとめ】

Googleが検索品質評価ガイドラインを更新

Google updates Search Quality Evaluator Guidelines[Search Engine Land]

【Google翻訳】

Googleが検索品質評価ガイドラインを更新

「E-A-T」を「Page Quality」にまとめつつ、コンテンツの専門知識とインタースティシャルページに関するガイドラインを追加しています。

木曜日に、Googleは2018年7月以来初めてSearch Quality Evaluator Guidelinesを更新しました。更新されたガイドラインは、インタースティシャルページとコンテンツ作成者の専門知識に関する詳細な指示を追加します。特定のセクションで

なぜ私たちは気にする必要があります。検索品質評価ガイドラインは、品質評価者がWebサイトとSERPを評価するために使用するものです。それらは直接ランキングに影響を与えるわけではありませんが、彼らの判断はGoogleの検索アルゴリズムを改善するために使用されます。

「ページ品質」に「E-A-T」を含めることは、Googleがその品質評価者がコンテンツの評価にどのようにアプローチすることを望んでいるかを反映する可能性があります。 Distracting Ads / SCセクション内のインタースティシャルページの重要性が増しているため、これらのテクニックを邪魔をして使用しているウェブマスターや広告主の評価が低くなる可能性もあります。また、コンテンツ作成者の専門知識に関するより詳細なガイダンスは、疑わしいコンテンツや低品質のコンテンツをより綿密な監視下に置く可能性があります。

何が違うの?文書は2ページ(166まで)増えていますが、大部分のガイドラインとともに目次は変更されていません。以下は、前のガイドライン(左)と最新バージョン(右)を並べて比較したものです。

インタースティシャルページまたは広告を使用する広告主、特にアプリ開発者は、広告がユーザーのページのメインコンテンツへのアクセスを制限しないことを確認する必要があります。

コンテンツ作成者の専門知識を明示しているこの段落の追加は、コンテンツに表示されている情報を吟味することの重要性を強調しています。

「E-A-T」は特定の表の説明欄の下の「ページ品質」に含まれています(特にセクション15と17)。

これらの改訂は、質の高い評価者がWebサイトを評価する方法を規定するガイドラインの大部分を大きく変更するものではありませんが、Googleがドキュメントを更新するのに十分有意義でした。つまりコンテンツ作成者、マーケティング担当者、および広告主もそれらを認識する必要があります。

「E-A-T」

▼「E-A-T」とは…「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」
そのサイトが信頼できるサイトなのか?ということが重要になります。

インタースティシャルページの重要性が増しているため、これらのテクニックを邪魔をして使用しているウェブマスターや広告主の評価が低くなる可能性もあります。

コンテンツ作成者

コンテンツ作成者の専門知識を明示しているこの段落の追加は、コンテンツに表示されている情報を吟味することの重要性を強調しています。

▼つまりサイト作成者、記事、運営者情報、記事執筆者情報は重要となってきます。

SEO専門家の感想

Google検索の品質評価ガイドラインが更新されたそうだ
The SEMPostによれば大きな変更はないけれど、目を引くのは
✅E-A-T という用語の使用が減り、代わりにPage Qualityを使うように
✅インタースティシャル広告に関する言及
E-A-Tは言葉が独り歩してる感じがしてるからな

PR



SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

[PR]サクラサクLABO

SEOコンサルタント
[PR]SEOコンサルティングサービス - サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.