PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

モバイルファーストインデックスに切り替えましたか? Googleはまだいくつかのページをデスクトップとしてクロールする

投稿日:

ナチュラルリンク

モバイルファーストインデックスに切り替えましたか? Googleはまだいくつかのページをデスクトップとしてクロールする

Mobile-First Indexingに切り替えましたか? Googleはまだいくつかのページをデスクトップとしてクロールする

【Google翻訳】
Mobile-First Indexingに切り替えましたか? Googleはまだいくつかのページをデスクトップとしてクロールする

サイトがモバイルファーストインデックス登録に切り替えられたとしても、GoogleがGoogleBotモバイルユーザーエージェントを使用してページをクロールし、レンダリングするだけではありません。 Googleは、これらのページにデスクトップGoogleBotを送信して、物事を確認していると言います。

実際、GoogleのJohnMuellerは、ユーザーエージェント間で2-3:1の分割があるようだと言いました。 彼はツイッターで「ドメインのモバイルファーストインデックス作成に移行すると、モバイルは2/3、デスクトップは1/3になります」と述べました。

彼はあなたのサイトをクロールするユーザーエージェントの混合物を見るのは全く普通だと言いました。 ただし、モバイルファーストインデックス作成に切り替えた場合、Googleはデスクトップとモバイルの両方のユーザーエージェントでクロールする場合がありますが、デスクトップバージョンではなく、モバイルファーストインデックスバージョンであるインデックスバージョンのみを表示します。

これらのすべてのツイートを共有させてください。そのため、コンテキストでそれを確認できます。

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
おはようございます@JohnMu :)気にしない場合はq GSCは「Gbotデスクトップとしてクロールされました」と言い、noindex(JSを使用してのみ適用されます)を見つけました。ログには2 reqが表示されます。 同じ秒(スマートフォン+デスクトップ)。 クローラー間で結果を「結合」していますか?

『いいえ。ただし、「他の」ユーザーエージェントでクロールを行うため、サイト全体でデスクトップリクエストとモバイルリクエストが混在するのは普通のことです。』

ジョンありがとう! 彼らは両方ともサイトをレンダリングしていますか?

『はい、デスクトップとモバイルの両方のユーザーエージェントでページをレンダリングします。 通常、2〜3:1の分割のようなものです。そのため、ドメインのモバイルファーストインデックス作成に移行すると、モバイルは2/3、デスクトップは1/3になります(数値は修正されていません。』

モバイルに表示されないサイトバーウィジェットがあります(バグ)内部リンクの重みに対して深刻ですか?

『重要なコンテンツ、構造化データ、画像、またはリンクが含まれていて、モバイル版にまったくない場合は、ドメインをモバイルファーストインデックスに移行するときにそれが失われます。』

これは、ドメイン(GSCによる)が切り替えられたときにのみ適用されますか? 正確には:MFIサイトと非MFIサイトのJSレイヤー(年齢検証=コンテンツなしなど)を異なる方法で処理する理由がわかりますか? 私は「はい」と言います...しかし、念のため? 🙂

『私はこの質問をよく理解していません:)が、「非プライマリ」バージョンのコンテンツをインデックス化するかどうかを尋ねていると思いますが、そうではありません。 MFIに切り替えた場合、モバイルクロールのコンテンツのインデックスのみを作成します。』

介入して申し訳ありませんが、インデックス作成にまったく使用しない場合、なぜ非プライマリバージョンをクロールし、レンダリングするのですか?

『主にデスクトップバージョンとモバイルバージョンの関係を理解するために両方をクロールします。』

ウェブサイトが主にデスクトップgooglebotによってクロールされているにも関わらず、一部のページがmobilebotでレンダラーを取得しているのを見るのも不思議ではありません。

『「修正」する必要のあるものではありません。両方のユーザーエージェントでのクロールは設計によるものです(たとえば、そのようなユーザーエージェントで確認しないと代替デスクトップ/モバイルURLを認識できません)。』

SEOコンサルタントのまとめ

【まとめ】
▼デスクトップとモバイルの両方のユーザーエージェントでページをレンダリング
▼重要なコンテンツやリンクが含まれていてモバイル版に無い場合はモバイルファーストインデックスに移行するときに失われる。

まだ「モバイル」と「PC」を別サイト、別データにしているサイトを見る事があります。
レスポンシブ化をすすめます。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述