PR




[PR]ランサーズ

SEO

グーグルはサブドメインをリースしているサイトを取り締まるだろうか

更新日:

【SEO】グーグルはサブドメインをリースしているサイトを取り締まるだろうか

サブドメインについて

グーグルはサブドメインをリースしているサイトを取り締まるだろうか

Will Google Crack Down On Sites Leasing Out Its Subdomains[Search Engine Roundtable]

【Google翻訳】
グーグルはサブドメインをリースしているサイトを取り締まるだろうか

GoogleのJohn Muellerは、メインドメインからサブドメインをリースまたは貸し出し、Googleでランクを上げて売り上げを伸ばすために、サードパーティがそのサブドメインにコンテンツを置くことができるようにするというトピックを取り上げました。ジョンはスパムとは呼びませんでしたが、グーグルの検索リーダーはこれを認識しており、そのような取り組みをどう処理するかについて議論していました。

ジョンは金曜日の3時58分ごろにウェブマスターハングアウトでこのことについて話し始めました。要するに彼は、比較サイトやクーポンサイト、「企業が既存のWebサイトのサブドメインを利用してそこにコンテンツを配置し、それを利用して連絡を促進する」という取り組みについて説明しました。グーグルはこのフィードバックを「非常に真剣に」受け止め、「グーグルの検索リードはしばらく前からこの正確なトピックについて話してきた」と述べた。しかし、コンテンツが完全なスパムではなく、品質が低い可能性があるため、適切な対応策がまだ明確になっていません。 「彼らは本当にスパムではなく、他のウェブサイトでホストされている単なる販売ページのアフィリエイトページでもあるのです。」と彼は言った。

Johnは、「おそらく、このWebサイトの主なトピックが何であるかを判断し、それに焦点を絞ってから、これらの他の問題を回避する方法を見つけることが正しいアプローチです」と述べています。彼は、グーグルはサイトの全体的な品質を見ているのでこれがそれを傷つけているかもしれないと付け加えた。しかし彼は言った、「私たちがこれらすべてのサイトを削除したり、完全に降格したり、すべてのクーポンサイトを公平に削除したりするために、Googleがすべきことを明確にしているとは思いません。わからない」

これがビデオの埋め込みです。

English Google Webmaster Central office-hours hangout

English Google Webmaster Central office-hours hangout


ここでのユーザーはそれをホワイトラベルサイトと呼びます。それで、特に彼らはそれが何であるか、それが何であるか、私は価格比較サイトまたは類似のものが好きであると思いました。企業が既存のWebサイトのサブドメインを取得してそこにコンテンツを配置し、それを使用して連絡先を促進する場所。そして私はこのユーザーが検索結果でそれらの多くを見ていたと思います、そして、私自身のウェブサイトを作ることは価値があるかもしれません。
そしてIIは、一方ではユーザーがこのプラクティスを好きではないと言って他方では私もそれをするべきであり私はそれを好きではないが私はすべきであると言うという意味で答えは難しいと思います私も。そして私はそれがあるべきトリッキーな場所だと思います。

一般に、私たちがこういった種類のことになると、私たちはこれらの種類のフィードバックを非常に真剣に受け止めます。私はグーグルの検索リーダーがこのまさにこのトピックについてしばらく話してきたことを知っています。これらを適切に処理する方法を見つけようとします。したがって、それらを適切に処理することによって、それらをスパムとして扱い、これらのサブドメインをすべて削除する必要があるとは限りません。それらは実際にはスパムではないので、それらは単なる彼らが他のウェブサイト内でホストされている単なる販売ページのアフィリエイトページです。そして多分正しいアプローチはこのウェブサイトの主要なトピックが何であるかを理解しそしてそれにもっと焦点を当てるそして次にこれらの他の事を側に置いておくような方法を見つけることです。

Webサイトでこの種の設定を常に使用するもう1つの側面は、Webサイト全体の品質を検討することを目的とした品質です。それで、本当に低品質であるウェブサイトの特定の部分があるならば、これらが本当に低品質のクーポンサイトのようであるかどうかわからない、例えばクーポンが本質的にサイト上の他の場所または他の場所でちょうど同じものWeb上では全体的に、そのサイトの品質が少し低下する可能性があります。

だからここに遊びに来ているさまざまな側面があります。このようにGoogleがこれらのサイトをすべて削除したり、完全に降格したり、すべてのクーポンサイトを公平に削除したりするべきではないという明確な答えはないと思います。 。そして、これらの種類の状況は、私が検索品質との議論で彼らがこの問題を見ることを試みることをどれほど微妙に導いているか、そして賛否両論を本当に重視することを試みる方法をリードするので常に非常に魅力的です。

そして、このような種類のサイトやこの種のフィードバックに対する変更は、一般的に実行に時間がかかります。これは、検索の主導者がこれを行うべきであると言っているだけで、それが全面的に行われているようなものではないということではありません。これらは私達がかなり慎重に評価しなければならないことであり、そして私達が1つのことに対して何らかの行動を起こしそして次に誤って他のものを壊すことによってそれ以上問題を引き起こさないことを確実にする。それで、私はあなたが送ってきたすべてのフィードバックとあなたがそこで見つけた詳細についてあなたがしてきたすべての編集物に本当に感謝しています。そして、検索結果全体の質を向上させるのに役立つことは、私たちにとって有益なことです。

「Googleがホワイトラベルの問題[1]を検討しているかどうかについて、マーケティング会社のサイトがCNAMEを取得しているのか、それともメディア会社のドメインからリバースプロキシを取得しているのかをコメントできますか。

そしてもう1つのポイントは、これがグーグルにとってこれを扱うことをもう少し難しくするかもしれない:それはサブドメインだけではない。 多くの場合、サブフォルダはリバースプロキシを設定することによって使用されます。 何かのようなもの

SEOコンサルタントのまとめ

サブドメイン関連記事

[広告]おすすめ記事

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.