【SEO】インデックス送信はサイトマップで。

SEO】インデックス送信はサイトマップで。

インデックス送信する場合はFetch as Googleよりもサイトマップで。

インデックス送信ツールをグーグルが廃止!(ただし……)

今後グーグルにURLを送信してクロール・インデックスしてもらうには、Search Consoleにサイトを登録したうえで、Fetch as GoogleまたはサイトマップでGooglebotのクロールをリクエストすることになる。

Search Consoleの登録はサイト管理に必須だから、ほとんどのサイトには影響ないはずだ。何らかの事情でSearch Consoleに登録できないサイトには不便になったかもしれないが、それでもサイトマップをSearch Consoleではなくrobots.txtで送信することもできる。

GoogleのURL登録ツールが終了

▼Fetch as Googleはあまり神経質にやらなくても良いですね。

【SEO】GoogleのURL登録ツールが終了… Search Consoleに移行

10年位前のSEOでは、URLを登録するというのは重要なSEOでした。
私の本でもGoogle、Yahoo!の登録ツールを紹介していました。
ウェブマスターツール(今のサーチコンソール)を使うようになるとその必要は無くなりましたので
自然と不要になっていましたが、たしか昨年、「登録ツールを教えてください」という質問を受けました。
恐らく、昔SEOを勉強してそのままの知識になっているのでしょうね。
SEOは日々変わりますからね。。

SEO・IT漫画「ウェブマブ!」

DAYS NEO -デイズ ネオ-

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第4話(7-8P)「SEOの意味は?」

マンガボックスインディーズ

「ウェブマブ!」 第4話(7-8P)「SEOの意味は?」

LINEマンガインディーズ

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第4話(7-8P)「SEOの意味は?」

マガジンデビュー

「ウェブマブ!」TOP

「ウェブマブ!」 第4話(7-8P)「SEOの意味は?」

少年ジャンプルーキー

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第4話(7-8P)「SEOの意味は?」

マンガハック

「ウェブマブ!」TOP

「ウェブマブ!」 第4話(7-8P)「SEOの意味は?」

COMICO(コミコ)

「ウェブマブ!」TOP

SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク