PR




[PR]ランサーズ

SEO

複数サイトを統合(1つにまとめる)する際のリダイレクト資料まとめ

投稿日:

複数サイトを統合(1つにまとめる)する際のリダイレクト資料まとめ

例えば「B」というサイトのの全記事を「A」というメインサイトにに移動(統合)する件のリダイレクトについてです。
リダイレクトについて調べてみました。

リダイレクト資料

下記、調査資料です。

「リダイレクトとは、サイトにアクセスしようとしたユーザーを、最初にリクエストされた URL とは別の URL に移動させることです。別の URL へのリダイレクトには正当な理由がある場合もあります。たとえば、サイトを新しいアドレスに移転した場合や、複数のページを 1 つに統合した場合などです。」
「サイトの移転にあたっては 301 リダイレクトを使用するのが最善ですが、ウェブサイトのサーバーにアクセスできない場合は、この目的で JavaScript によるリダイレクトを使用することもできます。」

※資料 不正なリダイレクト ? Search Console ヘルプ

▼検索エンジンの結果で表示されるページの URL を変更する必要がある場合は、サーバー サイドの 301 リダイレクトを使用することをおすすめします。これは、ユーザーや検索エンジンが正しいページにたどり着くことを保証する最善の方法です。ステータス コード 301 は、ページが別の場所に完全に移転したことを意味します。
301 リダイレクトは、次のような場合に特に役立ちます。
サイトを新しいドメインに移動し、できるだけスムーズに移行を行いたい場合。
ユーザーが複数の異なる URL からサイトにアクセスする場合。たとえば、複数の URL(http://example.com/home、http://home.example.com、http://www.example.com など)でホームページにアクセスできる場合、1 つの URL を優先宛先(正規の宛先)として選び、301 リダイレクトで他の URL からその URL にトラフィックを送信することをおすすめします。
2 つのウェブサイトを結合し、無効になった URL へのリンクが正しいページにリダイレクトされるようにしたい場合。
Apache を実行しているサーバーでホストされているウェブサイト用に 301 リダイレクトを実装するには、サーバーの .htaccess ファイルにアクセスする必要があります
(アクセス権やサーバー ソフトウェアが不明な場合は、ホスティング事業者にお問い合わせください)。詳しくは、Apache .htaccess チュートリアルと Apache URL Rewriting Guide(英語)をご覧ください。サイトをホスティングしているサーバーで他のソフトウェアが実行されている場合の詳細については、ホスティング事業者にお問い合わせください。

※資料 ページの URL の変更と 301 リダイレクトの使用? Search Console ヘルプ

▼以前は、301などのリダイレクトをするとページ評価が下げられると言われていました。
しかし現在は、完全に引き継いでくれるようです。
「30xのリダイレクトでページランクを失うことはもうない」とGoogleの人が言ってます。

※資料 ぷろめし

▼Google社員ジョン・ミューラー:
しばらく時間が経ってリダイレクトが必要なくなり(通常は少なくても1年はリダイレクトを継続することをおすすめします)、リダイレクト元へのトラフィックがないのであれば、リダイレクトを停止させることは長期的な管理が楽になるので良いでしょう。

※資料 よこのじ.work

▼Google社員・マットカッツ
「AとB、C、Dの4つのドメインを所有していて、Aにすべてを統合したいと仮定する。
このケースなら301リダイレクトを使う。」
「間違っても、新しい場所のルート(Aドメインのトップページ)に全部をリダイレクトしてはいけない。ページ単位でリダイレクトするんだ。」
サイトの移転なので301リダイレクトの利用が当然ですね。

※資料[海外SEO情報ブログ]

htaccessファイルを使ったリダイレクトは、SEOにおいて最も推奨される方法の一つです。
まずテキスタエディタを使って、適当なファイル名でhtaccessファイルを作成します(たとえば sample.htaccess など)。
作成したhtaccessファイルを開き、URLの移行(リダイレクトの仕方)に合わせた記述を行い保存します。

※資料 SEO研究所サクラサクラボ

▼移転先に記事をコピー
まずは移転元の記事を移転先サイトにコピーします。
移転元で使用しているCMSのエクスポート機能を使用しても良いと思いますが、私は面倒なので移転元の管理画面からソースをコピペしてます(^_^;)
▼301リダイレクトを設定する
移転元サイトの.htaccessに301リダイレクトを設定します。
これで移転元にアクセスがあったとき、自動的に移転先サイトに転送されます。
さらに、クローラーが301リダイレクト設定を感知した時点で移転元サイトのインデックスは削除され、移転先のURLが優先してインデックスされます。
移転作業はこれで完了です。

※資料 ちょこばこ

▼プラグイン『Redirection』を使う
サーバー上で設定できないならプラグインを使用して対処します。使うのは『Redirection』というプラグインです。プラグインをインストールした後、左メニュー欄の『ツール』から『Redirection(リディレクション)』をクリックすると設定画面に行けます。
使い方も簡単。
『ソースURL』欄に転送元URLアドレス入力
『ターゲットURL』欄に転送先URLアドレスを入力
『新しい転送ルールを追加』ボタンをクリック
これだけです。WordPressの『?』や『=』が入ったパーマリンクも問題なく転送されます。試しに転送したいページのアドレスを入力してみてください。問題なく転送されるはずです。

※資料 Musible

SEOコンサルタントのまとめ

私もリダイレクトについてはあまり知識が無かったのですが、全ページの301リダイレクトを行うという感じで考えます。
●301リダイレクトを行う
●全ページのリストを作成する→URLの書き出しはしておきます。
●htaccessファイルを使う
●プラグインもある

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.