SEOコンサルタントの運営するSEO情報・SEOサービスのサイトです。SEOについてのアドバイス、作業を行う仕事をしています。運営者はSEOコンサルタント・白石竜次(「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」他)です。お気軽にお問合せください。

SEOコンサルタント.com

PR




[PR]ランサーズ

SEO マーケティング・ビジネス

【コンテンツSEO】オウンドメディア運営者が語る成功の秘訣とは?

投稿日:

【コンテンツSEO】オウンドメディア運営者が語る成功の秘訣とは?

オウンドメディア運営者がコンテンツSEOについて語った記事です。

コンテンツ改善でUU数15倍、CV数11倍!オウンドメディア運営者が語る成功の3つの秘訣

X-bookは「個人が簡単・短時間で復業するための仲介サービス」だが、その新規性ゆえに、誰もが理解しやすいサービスではない。ノマドジャーナルはその状況の打破を狙った施策であったが、アクセスは伸び悩んでいた。インタビュー記事を中心に良質なコンテンツが多数あったものの、SEOが強くなかったのだ。そこで赤羽氏はノマドジャーナル(の前身のメディア)のリニューアルを一任された。
赤羽氏はリニューアルに際して「コンテンツの方向性変更」に踏み切り、大きな成果をあげた。改善前からの比較で、月間ユニークユーザー数(UU)は約15倍に増加。また、ノマドジャーナルからX-bookへ登録というコンバージョン数(CV)も11倍に増加した。なぜノマドジャーナルはこれだけの成果をあげられたのか?その秘訣を大森氏は3つのポイントとして説明した。

ポイント① 目標設計はエビ反り
仮にサイトリニューアルを実施しても、その直後にすぐPVが爆発的に増加するかといえば、それもまた難しい。実際にリニューアル直後はアクセスを落としたという。あくまで半年~1年という単位で目標値を管理し、当初はなだらかな向上、そしてゴール間近に爆発的向上という目標を立て、それを社内共有することが重要だと赤羽氏は指摘する。X軸が年月、Y軸が目標値のグラフで考える場合、ラインが「直線」ではなく、「エビ反り」になる格好だ。

ユーザーの検索意図に沿った記事であれば、早い段階で検索50位以内に入る確率は高い。PVやUUが上がらない中でも、数字的にきちんと進捗しているんだとアピールすることは、社内モチベーション維持のためにも重要(赤羽氏)
大森氏は「集客効果の観点からは、やはり検索で10位以内に入る記事が欲しいところではある。ただ時間がかかるので、コンテンツの方向性が正しいかどうかは50位以内にランクインするかどうかで十分判断できる」と補足した。

ポイント② 行動シナリオからコンテンツ設計
記事作成には、徹底したSEO視点を持ち込んでいる。まずは検索ユーザーの心理を、AIDMAなどの消費者行動でいう「認知前」「認知」「興味」「比較検討」などのプロセスを経るごとに、実際に用いられる検索キーワードがどう変化していくかを考え、ユーザーの行動をシナリオ化しておく。

ポイント③ CVR改善は後でいい
ノマドジャーナルでは、こうして人気記事が生まれるようになってから、初めてUI改善・UX向上に関する施策に着手した。その真意は「選択と集中」。予算やリソースなどに限界がある以上、まずは記事制作に集中してアクセスを集め、PVが上昇する局面でUI・UX関連の施策をしてもしても遅くはないと赤羽氏は考えたのだ。
実施したコンバージョン改善アクションの一例が、「記事末尾にサービスサイトへの導線を盛り込む」というものだ。その他にもいくつかの施策の積み重ねによって、結果的にコンバージョンレート(CVR)は5倍に増加したという。

赤羽氏は「SEOは年々難しくなっていて、テーマに対する“深い理解”がそもそもメディア運営者には必要になっている。記事も1つ1つコダワッて作っていかなければ、最初は(検索順位が)良くても3か月後に順位が下がってしまうといった事がありがちだ」と述べ、オウンドメディア運営の難しさにも言及した。
その中でも、赤羽氏がメディア運営上、特に重要と指摘するのが「初期設計」である。
サイトの導線やUI、デザインなどの話ではなく、どんなユーザーに向けて、どんなコンテンツを作っていくべきか考えることに時間を割くべきではないか。長期的な視点で成果を出せるような設計がいる(赤羽氏)

参考サイト

■Open Research
https://open-research.jp/
Open Researchは、10,000名以上の多様な領域の専門家の知見を、1時間のヒアリングや100枚のリサーチ資料といった形で、必要なとき、必要なだけ取得できるサービスです。

■ノマドジャーナル - 副業/複業時代の新しい働き方メディア - nomad-journal
https://nomad-journal.jp/
副業/複業時代の新しい働き方について発信するメディアです。プロフェッショナル人材としてのフリーランスや複業(パラレルキャリア)を歩んでいる人の生き様、副業するためのtipsなどを発信することで、より多くの人が新しい働き方を実践するきっかけを作っていきます。

SEOコンサルタントの感想

「記事末尾にサービスサイトへの導線を盛り込む」
これは普通のサイトやブロガーは昔からやっていますが、
「コンバージョンレート(CVR)は5倍に増加」
という効果は凄いですね!!
やはりやるべきですね。。。
そして、「検索意図」は本当に大事です。

SEO・IT漫画「ウェブマブ!」

DAYS NEO -デイズ ネオ-

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

マンガボックスインディーズ

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

LINEマンガインディーズ

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

マガジンデビュー

「ウェブマブ!」TOP

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

少年ジャンプルーキー

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

マンガハック

「ウェブマブ!」TOP

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

COMICO(コミコ)

「ウェブマブ!」TOP

 

PR



SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサル
・SEOアドバイス
・講演依頼/セミナー/ワークショップ

SEOコンサルタント問い合わせ

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト管理者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

[PR]サクラサクLABO

SEOコンサルタント
[PR]SEOコンサルティングサービス - サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。

-SEO, マーケティング・ビジネス

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.