PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

古くてアクセスがないページはどうするべきか?

投稿日:

JohnMueller

古くてアクセスがないページはどうするべきか?

古くてアクセスがないページは、削除? そのまま? 更新? どうすべき?

コロナ対策で飲食店・食品・小売・学校が #いまできること をグーグルが支援【SEO情報まとめ】[Web担当者Forum]

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
「古いニュース記事(映画関連)を数年後もサイトで公開しておくことに何か価値はありますか? (もう最新のニュースではないので)アクセスもないしリンクも張られません。どうすべきでしょうか?
1:そのままにしておく
2:削除して404を返す
3:(7、8 年後だとしても意味があるなら)更新する」

『私だったら、
経過した期間
現在のトラフィック
ではなく、
サイトに対する価値
ユーザーに対する価値
を重視するだろう。
ほとんどアクセスがない古いページが、サイトの評価にとってはがとても重要な役割を果たすことがある。反対に、アクセスがたくさんある新しいページのほうは関連性が低いこともある。
単に新しいか古いかをみるのではなく、そうした価値貢献がどれぐらいあるかを判断してみるのがいいだろう。』

@JohnMuこんにちはジョン-古いニュース(劇場関連)の投稿/ URLを数年前に戻すことに何か価値がありますか? トラフィックを獲得しないもの(ニュース価値がなくなったため、またはバックリンクがあるため)1.保持するか、2。削除して404? (または更新する価値がある場合は更新-7〜8年以上)

『純粋に年齢や現在のトラフィックではなく、サイトとそのユーザーにとっての価値に焦点を当てます。 トラフィックの少ない古いページが依然として重要な場合もあれば、トラフィックの多い新しいページが無関係な場合もあります。 これらのメトリックなどをしきい値としてではなく、ツールとして使用してください。』

まず基本的に、古くてトラフィックがないページが存在しているからといって、それだけでサイトの評価が下がることはない。つまり、あわてて削除する必要はない。

SEOコンサルタントのまとめ

SEOコンサルタント白石(パンダ)
SEOコンサルタント白石(パンダ)
アクセスは気にしないで、コンテンツの価値や関連性を考えるということですね。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述