PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Google「【Rel=Sponsored】を100万のサイトが使用している」

投稿日:

売上が悪いと・・

Google「【Rel=Sponsored】を100万のサイトが使用している」

Google:Rel = Sponsoredを使用した100万のサイト

【Google翻訳】
Google:Rel = Sponsoredを使用した100万のサイト

グーグルの人々からのポッドキャストからの興味深い一口は、グーグルからのゲイリーイリーズが多くのサイトの大部分がすでにrel = sponsoredリンク属性を使用していると言ったことでした。 彼は、100万のサイトがすでにrel = sponsoredリンク属性を使用していると述べました。

この属性は昨年9月に発表されたものであり、オプションであり、あなたのためではなく、Googleのためになるだけです。

ゲイリー氏は、多くのサイトがすぐに、腕をひねることなく採用するのを見て喜んでいました。

100万という数は私には高そうだったので、SEOコミュニティがどう思っているかを尋ねました。 私はポッドキャストの数字がほとんど聞こえないと思ったので、Twitter投票を作成しました。

私の世論調査に参加した人の10%未満が、100万人に達したと言っています。 ほとんどはそれが千に近いと思った。 図を行きます。

現在、rel = sponsored属性を使用しているサイトはいくつありますか? 当ててみて。

更新のビット。 それはURL対サイトかもしれないが、彼はポッドキャストでサイトを言った:

■Google Gary Illyes(ゲイリー・イリーシュ)氏(@methode)
つまり、何百万ものURLで使用されていることは確かです。 私はこれとugcの両方を監視しています。 しかし、私は本当にいくつのサイトを掘ったことがありません。 URLリストにはかなりの数のプラットフォームがあるため、*おそらく*数百万です

@ahrefsにもこのデータがありますかcc @patrickstox

現在のデータではありませんが、数か月前のサンプルを見ると、スポンサー属性を持つサイトの0.1%程度で、現在1?200万の範囲にあります。 私は特定の例を調べました。ほとんどはWordPressプラグインからのもので、その多くは100-200k +以上のインストールがあるため、それは可能だと思います。

rel=ugcとrel=sponsoredを数百万ページが導入、あなたは使う派?使わない派?

rel="ugc" と rel="sponsored" を使うべきでしょうか?
「答えはお好きなように」となります。
rel="ugc" も rel="sponsored" も 1 点を除いては rel="nofollow" と扱いは同じです。
唯一異なるのは、そのリンクがユーザー生成によるリンクであること、あるいは広告リンクであることを明確に Google に伝えられるという点です(データを収集して別の用途、たとえばリンクのタイプを自動で判別できるようにするアルゴリズムに利用すると思われます)。
それ以外に違いはありません。

SEOコンサルタントのまとめ

そんなに多いんですね。。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述