PR




[PR]ランサーズ

SEO

新しいSERP機能は、場所を優先してタイトルタグを切り捨てます

投稿日:

新しいSERP機能は、場所を優先してタイトルタグを切り捨てます

新しいSERP機能は、場所を優先してタイトルタグを切り捨てます

【Google翻訳】
新しいSERP機能は、場所を優先してタイトルタグを切り捨てます

Googleが場所をタイトルタグに自動的に追加すると、地元の企業に有利に働きます。

グーグルは地元企業を支援しているようだ…それとも?

10月2日に、Google UKの検索結果でタイトルタグに新しい何かが発生したことを発見しました。元のタイトルタグには存在していませんが、切り捨てられたタイトルタグに場所名が追加されました。

たとえば、「旅行代理店」という検索語を使用すると、結果が表示されます。

観察:

1:会社/代理店/ビジネス関連の検索を実行すると場所が表示されるようです
2:検索で場所を指定しないと表示されるようです
3:Googleはページ上のコンテンツに基づいて場所を取得しているようです
4:広い場所が指定されている場合、より具体的な場所を使用することがあります

Googleは場所を優先して重要なコンテンツをタイトルタグから削除していると言えますが、これは前向きな動きだと思います。

Googleが場所をタイトルタグに自動的に追加すると、地元の企業に有利に働きます。 企業が場所を強調していない場合や、タイトルでより広い場所を使用している場合、競争に役立ちます。 ユーザーの近くにある場所はクリックスルーを促進する可能性が高く、これは長期的には有益です。

自分のビジネスがSERPにどのように表示されるかを確認しましたか?

SEOコンサルタントのまとめ

Googleが自動的にタイトルや説明文を作成することはよくありますが、地域が優先されてくるんですね。
飲食店などはそうなるのでしょうか。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述