PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO ウェブマスターオフィスアワー

コアアップデートでランキングが下がった!

投稿日:

ウェブマスターオフィスアワー2

コアアップデートでランキングが下がった!

Googleの「ウェブマスターオフィスアワー」2020年1月30日の内容です。

質問「コアアップデートでランキングが下がった」

弊社の美容系eコマースサイトは、9月のコアアップデート以降にランキングがぐんと落ち、サイトの最適化を計らうも一向に上がりません。
売り上げにも影響が出ている状況です。
サイト自体のロード時間などが遅いため、画像を次世代フォーマット(webp)やCDNに置き換えたり、ブログコンテンツに原因があるかと見て、ブログを別ドメインに移すなどの対応を行っている最中ですが、12月になった現在も順位は全く戻りません(去年までは1位でした)。
Googleから何かしらのペナルティをくらっているかのようにも思いますが、いまだ原因もわからず困っています。

Google金谷氏の回答

■Google金谷氏
ウェブマスターオフィスアワー2
確認させて頂きました。結論から言いますと、1月のアップデートで恐らく回復しつつあるのではないかなと思います。
なにが功を奏したかはわからないのですが、基本的にはコンテンツが大事だなと思うので見るべき所はコンテンツで、みて頂ければと思います。

「サイト自体のロード時間などが遅いため」コアアップデートで反映するというのは考えにくくて、ロード時間が遅い場合には以前から下がっていたと思うのでそこが根本的な原因ではないと思います。
表示の高速化ができるのであればやって頂くのに越した事は無いです。

あくまでもコアアップデートで順位が下がった場合にはコンテンツが改善できることが無いか。
「無い、コンテンツが完璧で他のサイトより優位性、独自性があって、ユーザーに伝わっていて沢山のユーザーが使っていました。」
という事が確認できるのであればそのまま運営して頂くのが良いと思います。

「ユーザーの為にコンテンツを作っていても順位が下がるじゃないか!」
という声も良く頂くんですが
それは、どんどん競合が増えているので。
大学受験と同じで
「一生懸命勉強しても落ちたじゃないか!⇒いや定員がありますので」
というように。
結局検索結果の上位と呼ばれているものが1位から10位までだとすると10個のページしか載らないので、
どんどん競合が増えていると、どんなに良いページを作っても必ずしも入れるとは限らないし、
勿論Googleが適切に評価できなくてそこに入らないこともあると思います。
必ずしも入れるとは限らないし僕等も保証はしていません。
それでも大事なのは「コンテンツが大事」だと信じる、というかコンテンツが大事なんです。
僕等はあくまでもユーザーが探していると思うコンテンツを一生懸命表示しようと思っているので
それが上手くできていない、という事が多々あるというだけで
「良いコンテンツを作っていても順位が上がらないじゃないか」
といってブラックな手法に行ってしまうのではなくて、
良いコンテンツを作り続ける事を行って頂けるといいかなと思います。

ただ検索トラフィックだけに頼っているとビジネスを続けられなくなってしまうのは理解できるので
何年も前からお伝えしていますが、検索だけに頼った施策は全くお勧めしていないですし、
常に検索からしかユーザーが来ないというのはちょっとサイトとしてどうなんだろうな、と思います。

例えば歯医者さんだとして「渋谷区 歯医者」だけからしかユーザーが来ないって危険だと思うんですね。
一回来た方は次からは歯医者さんの名前で検索して来ると思うので、そういった所はGoogleアナリティクスなどできちんと
トラッキングして多角的にユーザーを獲得する事を考えた方がいいなと思います。
ただ僕は専門家ではないので。。。
来たお客さんにリピートして貰う、というまっとうな事を意識して頂くと良いと思います。

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2020 年 01 月 30 日)

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2020 年 01 月 30 日)

SEOコンサルタントの感想

SEOコンサルタント白石(パンダ)
SEOコンサルタント白石(パンダ)
「ウェブマスターオフィスアワー」でもアップデートの度にこういう質問がありますがGoogleの回答は「コンテンツが大事」と同じです。しかし今回はさらに「どんどん競合が増えている」と説明しています。
私は「あくまでSEOは椅子取りゲーム」と感じています。
どんなに良いと思うサイトでも、他社がさらに良いサイトを作れば抜かれます。
また考えて頂きたいのは「良いコンテンツ」の解釈です。
そこがユーザー(Google)の考える「良いコンテンツ」とずれてしまっている可能性もありますね。
なるべく競合を研究して客観的に分析することが大切ですね。
また、ビジネスとしての努力も必要ですね。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述