GoogleがYouTubeの不適切コンテンツ排除の為に1万人増員!

PR



画像SEO・動画SEOのポイントとは?

GoogleがYouTubeの不適切コンテンツ排除の為に1万人増員!

PR




米グーグル、不適切なコンテンツ排除へ1万人増員

ニューデリー(CNNMoney) 米検索大手グーグルは6日までに、傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」の不適切な動画やコメントの排除に向けて、1万人超を増員する方針を明らかにした。
グーグルは問題あるコンテンツの抑制に向けて精査を行う人員を増強するほか、広告に対してより厳しい規則を設ける予定だという。
ユーチューブのスーザン・ウォシッキー最高経営責任者(CEO)はブログへの投稿で、同社のポリシーに違反する可能性のあるコンテンツに対応するため、2018年に1万人超の増員を行う方針を明らかにした。ユーチューブで不適切な動画などを監視している現在の人数については明らかにしなかった。
同CEOによれば、ユーチューブでは過去6カ月間に約200万件の暴力的な過激派の動画を精査したという。
ユーチューブによれば、コンテンツの確認は人間だけで行っているのではない。機械学習を通じたアルゴリズムにより、6月以降、15万件を超える暴力的な過激主義を含む動画を削除した。これと同等の分量を精査するには、18万人が40週間にわたって稼働しなくてはならないという。

SEOコンサルタントの感想

犯罪や暴力系は勿論ですが、ユーチューバーが視聴回数を増やす目的で、人に迷惑をかけたりするなどした
【不愉快】な動画もばんばん削除してほしいです!
ちなみに、下の動画は全くもって安心安全などうがです。

SEOまんが

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第3話『内部リンクとユーザビリティ』
SEOまんが3話-タイトル
「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第3話『内部リンクとユーザビリティ』

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』
【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第1話『SEO・内部対策をしよう!』

SEO関連著書

【本の情報】
■出版社:宝島社
■タイトル:『DeNAと万引きメディアの大罪』
■ページ: 240ページ
■著者:別冊宝島編集部 (編集)
※白石竜次は寄稿


SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技
SEO対策〈検索上位にヒットする〉コレだけ!技: 知識0、資金0でも大丈夫!」
世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本 ~内部&外部対策からコンテンツSEOまで!
「世界一わかりやすいSEO対策最初に読む本」
記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト管理者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。

SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
[PR]サクラサクLABO
SEOコンサルタント
[PR]SEOコンサルティングサービス – サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク